コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史観 レキシカン

3件 の用語解説(歴史観の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れきし‐かん〔‐クワン〕【歴史観】

歴史を全体的にどう見るかという根本的なものの見方。マルクス主義史的唯物論はその一例。史観。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

れきしかん【歴史観】

歴史的世界の構造や、その変化・発展についての一つの体系的見解。歴史的世界の構造のうちでどの要因を重視し歴史の動因力と考えるかにより、国家や政治を中心にみる立場(一九世紀のドイツ史学)あるいは精神・文化現象を中心にみる立場(シュペングラー・トインビー)、および階級間の闘争を重視する立場(史的唯物論)などに分かれる。史観。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歴史観
れきしかん

歴史の見方を決めるもの。歴史家がある観点から事実を解釈するときの前提になる統一的な観念。歴史家はそれぞれ固有の歴史観をもっている。多くの事実のなかからあるものを選び出す選択基準、事実を意味づける価値観は歴史家によって異なる。それによって記述は個性的になるが、同時に偏りもおこる。いかなる歴史家も自分の先入観(これも歴史観)によって偏った見方をするが、その偏りやゆがみは、対象の事物についての定義や法則の知識(これも歴史観)に照らして修正できる。歴史家に主観的な見方をさせるのも歴史観だが、それを客観的にするのも歴史観である。
 しかしそれぞれの歴史家がもっている人間観、社会観、国家観、道徳観、宗教観、文化観、世界観などの違いからくる史実の解釈の相違は、容易に一致させることができない。歴史家が自己の立場から事実をどう解釈するかは自由であって、その解釈が史料によって実証され、論理的に整合する限り真である。歴史の真実はただ一つではない。しかしある時代に多くの人がほぼ共通にもっていた歴史観はある。古代ギリシアの循環史観、中世キリスト教の救済史観、近代啓蒙(けいもう)期の進歩史観、19世紀のナショナリズム史観などである。これによって史学史が形成される。
 また歴史観には、歴史の全体の叙述を組み立てる構想力や、歴史の大きな流れをつかむ直観力のようなものもある。歴史観の根底にはしばしば歴史哲学がある。[神山四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歴史観の関連キーワード原理縁は異なもの味なもの根本的史観総論存否見飽きる見るからドルフィンサイト食生態

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歴史観の関連情報