トゥパック・アマルー(読み)トゥパックアマルー

百科事典マイペディアの解説

トゥパック・アマルー

最後のインカ皇帝。帝国の崩壊後,クスコ北方のビルカバンバを根拠地にスペイン支配に抵抗したマンコ・インカの末子。副王トレドの討伐隊に捕らえられ,クスコで処刑

トゥパック・アマルー

植民地時代末期のペルーで起きたインディオ反乱の指導者。本名J.G.コンドルカンキ。地方の首長で裕福なメスティソであったが,1780年インカ皇帝の子孫を名乗り,鉱山や織物工場での先住民の強制労働,役人の圧政に対する反乱を企てた。反乱は1年のうちに鎮圧され,処刑されたが,影響はアンデス全土に及んだ。1960年代のウルグアイの都市ゲリラ組織〈ツパマロス〉およびペルーのゲリラ組織〈トゥパック・アマルー革命運動〉は彼の名にちなむ。→トゥパック・アマルー革命運動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる