トップライト(英語表記)top light

百科事典マイペディアの解説

トップライト

屋根に開けられた天窓など,上部からの採光(top lighting)。一般の側窓)よりも効率が良く,建築基準法では通常の窓より3倍の有効採光面積が認められている。また住環境により周囲を建築物に囲まれたり,外からの視線を遮断したい場合にも効果がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

トップライト

自然光を取り入れるために屋根面につけられた窓で、一般の窓の約3倍の採光量が確保できる。窓が開閉するタイプ(手動式・電動式)の他、日射量を調整できるブラインドやロールスクリンがついたもの、雨が急に降った場合でも自動的に窓が閉まるタイプなどがある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

トップライト【top light】

採光のために屋根にあけられた天窓。また、その光。
舞台などで、上方からの照明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トップ‐ライト

〘名〙 (top light)
① 採光用の天窓。また、そこから差し込む光。〔人の子にねぐらあり(1954)〕
② 上方からの照明。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トップライトの関連情報