トビカズラ

百科事典マイペディアの解説

トビカズラ

アイラトビカズラとも。マメ科の大型のつる性常緑木本(もくほん)。葉は革質で互生し,長さ約10cmの3小葉からなる。花は長さ約8cmの褐紫色の蝶(ちょう)形花で初夏に咲く。豆果は線形で長さ40〜60cm。中国に分布するが日本にも熊本県菊鹿町(現・山鹿市)相良に1本だけが生え,特別天然記念物に指定。九州南部以南に分布する近縁のウジルカンダとともに,中国では婦人薬にされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビカズラ
とびかずら / 飛蔓
[学]Mucuna sempervirens Hemsl.

マメ科の壮大な常緑つる性木本。幹は直径30センチにも達する。葉は3小葉からなる。小葉は長楕円(ちょうだえん)形、革質で光沢があり長さ7~15センチメートル、先端は急に細くとがる。5月ころ、古い枝から総状花序を垂れ下げ、長さ6~8センチメートルで暗紫色の蝶形花(ちょうけいか)を多数つける。別名アイラトビカズラ。日本では熊本県山鹿市相良(あいら)の丘陵の崖(がけ)に生えるものが、特別天然記念物に指定されている。これは同種が野生している中国中部から持ち込まれたものではないかと推定されている。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android