トビネズミ(英語表記)Dipodidae; jerboa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビネズミ
Dipodidae; jerboa

齧歯目トビネズミ科に属する動物の総称。アジア産のイツユビトビネズミ Allactaga sibirica,アフリカ産のアフリカトビネズミ Jaculus jaculusなどが含まれる。体はカンガルー形で後肢がきわめて長く,跳躍に適したからだつきをしている。眼や耳介が大きい。昼間はおもに地中の巣穴にひそみ,夜間活動する。植食性。西南アジア,ヨーロッパの東・南部,北アフリカの砂漠,荒れ地などに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トビネズミ

齧歯(げっし)目トビネズミ科の哺乳(ほにゅう)類の総称。体長5〜25cm,尾7〜30cmほど。体は褐色。ユーラシア〜アフリカ北部の砂漠や半砂漠,草原にすみ,夜出て植物の根や茎を食べる。長い後肢でカンガルーのように跳躍し,すばしこい。後足が5指のイツユビトビネズミ,3指のミユビトビネズミなど29種が知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビネズミ
とびねずみ / 跳鼠
jerboa

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目トビネズミ科に属する動物の総称。この科Dipodidaeの仲間には11属30種があり、シベリアからアジアを経てアフリカ北西部までに広がる、砂漠やステップなどの乾燥した地域に分布する。頭胴長4~26センチメートル、尾長7~30センチメートル、後足長1.8~9.8センチメートル。尾は頭胴より長く、後肢や後足も著しく長くて、カンガルーのように尾でバランスをとり、跳躍して走る。後足の中足骨は癒合して1本の管骨となり、指は第1および第5指が退化して小さく、種によっては消失している。前肢は著しく短く、歩行には使わず、食物を持ったり穴を掘るのに使う。多くは目と耳が大きく、尾の先端には毛房があり、体色は砂色か黄褐色が多い。群れで生活し、夜行性で、地下にトンネルを掘ってすむ。食物は植物や昆虫などである。
 3指の種では、カフカス、東北イランから東北中国に分布するキタミユビトビネズミDipus sagittaは頭胴長10~15センチメートル、尾長14~19センチメートル、体重は80グラムぐらいであるが、秋には100グラムほどになり、冬眠する。妊娠期間は25~30日で、3~4子を産む。そのほか、南西トルキスタンのケアシトビネズミParadipus ctenodactylus、サハラ砂漠からイラン、西パキスタンまでに5種が分布するサバクトビネズミ属Jaculus、ウクライナからモンゴルにかけてのフトオミユビトビネズミStylodipus telum、アラル海からゴビ砂漠までに頭胴長4~5センチメートル、尾長9~12センチメートルの5種が分布するチビミユビトビネズミ属Salpingotusなどが3指である。第1指を欠く4指の種としては、南西パキスタンに分布し、頭胴長4センチメートル、尾長8センチメートルのピグミートビネズミSalpingotulus michaelis、およびリビアとエジプトに分布するヨツユビトビネズミAllactaga tetradactylaがいる。5指の種には、リビアからモンゴルに頭胴長9~26センチメートル、尾長14~30センチメートルのイツユビトビネズミ属Allactaga10種、モンゴルからイランにコガタイツユビトビネズミAllactagulus punilio、カザフスタンに分布し冬眠するオブトトビネズミ属Pygeretmus2種、モンゴルにチビイツユビトビネズミCardiocranis paradoxus、新疆(しんきょう)からモンゴルにオオミミトビネズミEuchoreutes nasoなどが知られている。[土屋公幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android