コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラカイ Trakai

デジタル大辞泉の解説

トラカイ(Trakai)

リトアニア南東部の町。首都ビリニュス西方約30キロメートルに位置する。ルコス湖、トトリシュキュウ湖、ガルベ湖をはじめ、多数の湖があり、周辺一帯がトラカイ歴史国立公園に指定されている。森と湖に囲まれた豊かな自然景観で知られる。ビリニュス遷都以前に首都が置かれ、15世紀に建てられたトラカイ城がある。トゥラカイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トラカイ【Trakai】

バルト沿岸のリトアニア共和国の町。首都ビルニュスの南西23kmにある。人口7200(1989)。1917年までトロキTrokiと呼ばれた。リトアニア大公の居城〈トラカイの城〉があることで有名で,カルベ湖上に浮かぶ古城の姿は中世をしのばせるリトアニア随一の景観である。内外の観光客が訪れ,夏季には各地から湖畔に避暑客が集まるが,古城の静寂は破られず,中世そのままの姿をとどめている。城内は中世の遺品を収める博物館を兼ね,コンサートも催される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

トラカイの関連キーワードゲディミナス城カストゥティス花崗粗面岩組織トゥラカイ城トラップ斑岩ビタウタス脊椎麻酔脊髄麻酔局所麻酔麻酔薬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android