コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラカイ トラカイ Trakai

2件 の用語解説(トラカイの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トラカイ(Trakai)

リトアニア南東部の町。首都ビリニュスの西方約30キロメートルに位置する。ルコス湖、トトリシュキュウ湖、ガルベ湖をはじめ、多数の湖があり、周辺一帯がトラカイ歴史国立公園に指定されている。森と湖に囲まれた豊かな自然景観で知られる。ビリニュス遷都以前に首都が置かれ、15世紀に建てられたトラカイ城がある。トゥラカイ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トラカイ【Trakai】

バルト沿岸のリトアニア共和国の町。首都ビルニュスの南西23kmにある。人口7200(1989)。1917年までトロキTrokiと呼ばれた。リトアニア大公の居城〈トラカイの城〉があることで有名で,カルベ湖上に浮かぶ古城の姿は中世をしのばせるリトアニア随一の景観である。内外の観光客が訪れ,夏季には各地から湖畔に避暑客が集まるが,古城の静寂は破られず,中世そのままの姿をとどめている。城内は中世の遺品を収める博物館を兼ね,コンサートも催される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トラカイの関連キーワードアルバニアクライペダバルト語派ビリニュスラトビア語リトアニア語ギニアビサウチラナバルト三国カバルダバルカル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トラカイの関連情報