コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静寂 セイジャク

デジタル大辞泉の解説

せい‐じゃく【静寂】

[名・形動]静かでひっそりしていること。また、そのさま。「夜の静寂を破る轟音」「静寂な境内」
[派生]せいじゃくさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじゃく【静寂】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
静かなこと。ひっそりとしていること。また、そのさま。 「 -を破る」 「 -な森」
[派生] -さ ( 名 )

せいせき【静寂】

( トタル ) [文] 形動タリ 
静寂せいじゃく 」に同じ。 「大雷の後は-たると一般たり/月世界旅行

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

静寂の関連キーワードパラマス(Gregorios Palamas)パミラ・ハンスフォード ジョンソンアフマド・ナディーム カースミーアントワネット ブリニョングレゴリオス・パラマスグレゴリオス・パラマスゴータマ チョプラブルース キャトングレゴリオ ロペスヨハネス[6世]クィエティスムテオクリトスオーラフ3世キエティスム海ノ口温泉ブリニョンカースミークロックスカバシラス世離れる

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静寂の関連情報