コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラー トラー Toller, Ernst

6件 の用語解説(トラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラー
トラー
Toller, Ernst

[生]1893.12.1. ザーモチーン
[没]1939.5.22. ニューヨーク
ドイツのユダヤ系劇作家,詩人。 1920年代の急進的社会主義を代表する文学者。第1次世界大戦で志願兵となり,病に倒れ反戦思想をいだいて帰還。 19年バイエルン労農兵評議会議長として活躍,のち5年間の禁錮刑,33年アメリカに亡命,窮乏のうちに自殺した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トラー(Ernst Toller)

[1893~1939]ドイツの劇作家。革命運動に参加。表現主義反戦平和主義の立場から作品を発表。ナチス政権成立後、米国に亡命、のち自殺。作「群集人間」「機械破壊者」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トラー

ドイツの劇作家,詩人。ユダヤ系の商家に生まれる。グルノーブル大学在学中に第1次世界大戦に従軍し,傷病兵となり,戦争の悲惨な体験から熱烈な平和主義者となった。帰還してハイデルベルク大学に学んだが,K.アイスナーと出会い,ドイツ独立社会民主党に入党した。
→関連項目表現主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トラー【Ernst Toller】

1893‐1939
ドイツの劇作家,詩人。旧プロイセン領のザモーチンでユダヤ系の商家に生まれ,グルノーブル大学で法学を学んだおり,第1次大戦が勃発し従軍,戦争の悲惨さを体験し傷病兵として帰還したのを転機に,平和主義者となった。除隊後ハイデルベルク大学に学び,またK.アイスナーと知りあい,独立社会民主党員となる。1918年,ミュンヘンで軍需工場労働者ゼネストを指導して逮捕され,獄中で完成した,人間愛にもとづく非暴力革命をうたう戯曲《転身》(1919)がベルリンで初演され,表現主義作家としての名声が高まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トラー【Ernst Toller】

1893~1939) ドイツ表現主義の劇作家。革命運動に参加し、のちアメリカに亡命。その地で自殺。作「転変」「群集・人間」「どっこいおいらは生きている」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラー
とらー
Ernst Toller
(1893―1939)

ドイツの劇作家、詩人。ポーランド、ザモチンのドイツ系ユダヤ商人の家に生まれる。第一次世界大戦に志願兵として従軍、重傷を負い退役。戦後、革命運動に携わり、ミュンヘンのレーテ革命では労農評議会議長、赤衛軍司令官を務める。革命挫折(ざせつ)後、大逆罪で5年間の禁錮刑を受ける。獄中執筆の表現主義的戯曲『転変』(1919)、『群集・人間』(1921)、『機械破壊者』(1922)、『ヒンケマン』(1923)は、いずれも革命と平和主義、集団と個の相克がテーマで、上演のたびにセンセーションを巻き起こした。33年アメリカに亡命、39年ニューヨークのホテルで自殺。ほかに詩集『燕(つばめ)の歌』(1924)、戯曲『どっこいおいらは生きている』(1927)、『ハル神父』(1939)などがある。ドイツでは近年全五巻の全集が出版され(1978)、再評価の機運が強い。[山本 尤]
『田村俊夫訳『機械破壊者』『ヒンケマン』(1933・春陽堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラーの関連キーワード北ドイツ連邦トライチュケビスマルクプロイセン鉄十字勲章古代プロイセン語ノルトライン・ウェストファーレンラドウィツオストプロイセンプロイセン語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トラーの関連情報