コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンボ(蜻蛉)玉(読み)とんぼだま

百科事典マイペディアの解説

トンボ(蜻蛉)玉【とんぼだま】

2色以上の色ガラスを用い,表面に簡単な文様を散らしたガラス玉。英語ではeye beads。丸い斑文を表したものが多く,縞(しま)文様のあるものを特に雁木(がんぎ)玉という。前1500年ころエジプトやメソポタミアで出現し,各地に広まった。日本では中国から伝わり,古墳時代5―6世紀にみられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android