コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーズ ビーズ beads

6件 の用語解説(ビーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーズ
ビーズ
beads

手芸品,服飾,装身具などに使う飾り玉。南京玉とも呼ぶ。糸通しの穴をもった球,管,輪状の小さなガラス製のものが一般的であるが,骨や石,木,合成樹脂製のものもあり,素材も形状も多様。ビーズ細工は世界各国で古代から首飾りなどとして愛用され,その細工法も,ビーズを通した糸を編むビーズ編,布地に縫いつけるビーズ刺繍,緯糸にビーズを通した糸を織り込んだビーズ織など多くある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビーズ(beads)

糸通しの穴があいた、棒状・球状などの小さな飾り玉。ガラスやプラスチック製などで色数が多く、糸や針金に通して服飾・装身具・手芸材料にする。南京玉(なんきんだま)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビーズ

衣服の装飾や手芸,アクセサリーに用いる管状,玉状,輪状の小さなガラス玉。南京玉とも。ビロードや絹に縫い留めてビーズ刺繍(ししゅう)にしたり,絹糸の編物に編みこんだりして広く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビーズ【bead】

糸通し穴のついた小さな飾り玉。数珠玉,南京(ナンキン)玉ともいう。ビーズの語源は〈祈り〉で,祈禱の回数をロザリオの玉で数えることに由来する。糸でつないだり,レース編や刺繡(ししゆう)に生かすなどしてアクセサリー,婦人服飾,持物に用いられるほか,玩具,室内装飾などにも使われる。木の実や貝殻,竹,石,骨,ガラス,プラスチックなどを素材とし,表面を真珠のように見せたものなどがある。石や骨を丸く仕上げることは古くから行われ,それらは考古学で〈(たま)〉と総称されているが,日本で一般にビーズと呼んでいるのは,13世紀から14世紀ころイタリアやチェコスロバキアで発達したガラス工業によって量産されるようになったグラスビーズのことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビーズ【beads】

球形・管形などの小さな、色とりどりのガラス玉。糸でつないで、装飾品になどする。南京玉なんきんだま

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーズ
びーず
beads

装飾用、手芸用の飾り玉。宝石、ガラス、ウッドクリスタル、練り物などで、管状、玉状、輪状、鞘(さや)状、エンボス形(円形の外郭に飾り彫りを施したもの)、涙形(ドロップ形)など、さまざまな形につくった小さな玉のことで、形に関しては年ごとに新しいものが生まれている。最近では石油を原料としたアセチロイドフィルでつくられた軽くて光沢のよいものがある。[市川久美子]

歴史

紀元前3000年ごろから装飾品として存在していた。宝石、貝殻、河真珠、獣骨、角など、自然界の産物を素材としている。前2000年ごろにつくられた、ネットに飾り付けられた青玉のビーズ、トルコ石のビーズの指輪、胸飾りなどが発掘されている。また黒玉(黒曜石)、ガラス、こはく、トルコ石、紅玉、陶質、碧玉(へきぎょく)、めのうなどは、ベルギー人や南部ブルトン人に多く用いられ、ティアラ(正装の場合に用いる冠形をしたもので、宝石などをちりばめてつくる)、ブレスレット、ネックレスなどに利用された。アングロ・サクソン人の墓跡からは、こはくのビーズが多く発見されており、それは武器の装飾として用いられた。16世紀以降、装飾や服飾に盛衰を繰り返しながら、ハンドバッグ、ネックレス、アンクレット、ブレスレット、ティアーラ(おもにくるぶしにつける装飾品)、房類などの小物、またはアクセサリーに色を添えた。18世紀以降になると、服飾として衣服の全面に施されるなど、主として衣服につけることが流行したが、19世紀後半になってやや影を潜めた。そして現代、1970年ごろから流行を始め、まったく新しい感覚と傾向で、衣服の装飾から一般的なアクセサリー、小物類にまで、幅広く利用されている。[市川久美子]

技法

ビーズを糸に通し、紐(ひも)状や房状にして飾り付けたり、緯糸(よこいと)(ぬき糸)にビーズを通して織り込むビーズ織物、針金に通して造花やブローチ、ネックレスなどを自由に構成するデコレーション・ビーズ、レース糸や穴糸をレース針で編みながら、ビーズを通していく編みビーズなどがある。
 服飾としては、布地に図案を描いておき、さまざまな技法でビーズを使って縫い取って表現したり、洋服の縁飾りに縫い取るビーズ単独刺しゅうがある。また他の光る素材を複合して縫い取る刺しゅうもある。光るものを素材として刺しゅうする場合には、ブライト・ワークbright workという名称でよぶ。[市川久美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のビーズの言及

【トンボ玉(蜻蛉玉)】より

…文様は同心円文や円文が圧倒的に多く,その形態がトンボの目玉に類似するところから,このように通称されているが,文様には線条文なども含まれる。象嵌の技術はかなり高度のもので,エジプト(第18王朝)やメソポタミアで前1500年ころに初めて出現し,以後,首飾のビーズとして東西に広まり,各地で制作された。とくに前6~後3世紀の地中海東岸地域,メソポタミア,イラン高原,戦国~漢時代の中国,イスラム初期のトンボ玉が著名である。…

※「ビーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビーズの関連キーワード菊瓦数珠玉角盥手鏡手ランプ火の付いたよう豆太鼓飾り車数珠繋ぎコロボックル物語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビーズの関連情報