コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンボソウ Tulotis ussuriensis Hara

世界大百科事典 第2版の解説

トンボソウ【Tulotis ussuriensis Hara】

盛夏のころ,黄緑色の目だたない小花をつけるじみな地生ラン(イラスト)。全草にいい香りがする。根茎および塊根は伸長して横走し,通常の植物の根とあまり異ならない。花茎は20~40cm。普通,葉は基部近くに2枚あり,狭倒卵形で長さ6~15cm,上部の葉は極端に小さくなる。7~8月に,やや密に10~20花をつける。花は黄緑色で,径約4mm。背萼片と花弁はかぶと状,側蕚片は開出する。唇弁は基部に小さな側裂片がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンボソウ
とんぼそう / 蜻蛉草
[学]Platanthera ussuriensis Maxim.

ラン科の多年草。塊茎、塊根はあまり肥厚せず、横走する。茎は高さ20~30センチメートル、葉を数枚つける。下部の2枚の葉はやや対生状について大きく、上部の葉は小さくて目だたない。7~8月、径約4ミリメートルの目だたない黄緑色花を約10個開く。唇弁は基部の両側に小さな側裂片があり、5~6ミリメートルの細い距(きょ)がある。温帯の湿地や湿った林縁などに生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国東北部に分布する。名は、花の形がトンボを思わせるのでいう。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トンボソウの関連キーワードホソバノキソチドリミズチドリ盛夏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トンボソウの関連情報