コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トン族(侗族) トンぞくDòng zú

世界大百科事典 第2版の解説

トンぞく【トン族(侗族) Dòng zú】

中国,貴州省南東部,湖南省,広西トン族自治区に分布する少数民族。自称カム。漢族は洞人,洞家と呼称。人口250万余(1990)。最多集居地区は貴州省黔(けん)東南ミヤオ(苗)族トン族自治州。そのほか湖南省の通道,新晃,広西の三江,竜勝など各自治県に分布。言語系統は,タイ諸語のうちカム語群の系統に属す。方言により,貴州省錦屛県啓蒙を境にして南北の方言区に大別する。元来無文字であるが,1958年トン文字が制定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android