コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイッチュ Deutsch, Karl Wolfgang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイッチュ
Deutsch, Karl Wolfgang

[生]1912.7.21. プラハ
[没]1992.11.1. マサチューセッツ,ケンブリッジ
チェコスロバキア生れのアメリカの政治学者。 1938年アメリカに移住,48年帰化。 42~58年マサチューセッツ工科大学,58~67年エール大学,67年以降ハーバード大学で教鞭をとっている。サイバネティクスやシステムズ・アナリシスの方法を導入して経験科学としての政治学理論の発展に寄与。あらゆる組織をコミュニケーションとコントロールのシステムと解釈することによって国内政治や国際関係の「統合」の問題を考察している。著書"The Nerves of Government" (1963) ,"The Analysis of International Relations" (68) など。

ドイッチュ
Deutsch, Otto Erich

[生]1883.9.5. ウィーン
[没]1967.11.23. ウィーン
オーストリアの音楽学者。ウィーンとグラーツ大学で学び,美術史と音楽史の両方面に数多くの著作があるが,特にシューベルトに関する研究が有名。今日シューベルトの作品は,彼の『シューベルト主題目録』 (1951) の番号によって呼ばれることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドイッチュ

米国の国際政治学者。チェコに生まれ,第2次大戦直前に米国に亡命して,帰化。イェール大学,ハーバード大学教授。サイバネティックスのモデルを政治学に適用,また政治の数量的分析を行った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ドイッチュの関連キーワードシューベルト(Franz Peter Schubert)アブラハム(Karl Abraham)リース(Ludwig Riess)シュレスヴィヒ・ホルシュタインコミュニケーション・アプローチルードヴィヒ リース影響力[国際政治]ドイッチュラント美しい水車屋の娘アメリカ政治学シュレージエン安全保障共同体未完成交響曲ハノーヴァー政治システム国際統合理論ホプキンズポンメルンブソッティ政治的情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android