コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防雪林 ボウセツリン

5件 の用語解説(防雪林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼうせつ‐りん〔バウセツ‐〕【防雪林】

吹雪や雪崩などによる被害を防ぐため、鉄道線路・道路などに沿って設けられる林。杉・ヒノキカラマツなどが植えられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

防雪林【ぼうせつりん】

吹雪や雪崩による雪害を防止するための森林。保安林に指定されていることが多い。鉄道用の防雪林がほとんどで,一般造林より密植するのが普通。主林木はスギ,アカマツ,カラマツ,トドマツエゾマツ,ヒノキなど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうせつりん【防雪林 snowbreak】

住居や鉄道線路・道路を,吹雪や雪崩(なだれ)による雪害から守るための森林。樹木という生物の特性を活かして,その集団である森または林を防災設備として位置づけたもの。コンクリート防雪柵など,人工構築物より費用が安く防災効果が大きい。景観もよく,間伐や更新伐で木材も産出されるので,経済性も大きい。JRでは鉄道防雪林として線路の保守に活用している。日本で最初の鉄道林は1894年に東北本線の水沢~小湊(青森県)間38ヵ所へ造成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防雪林
ぼうせつりん

森林の存在による風速低下機能を利用し、鉄道、道路、住居、村落を吹雪(ふぶき)から守るための森林。もっとも多く利用されているのは、北陸・東北以北の多雪強風地帯の鉄道沿線で、鉄道防雪林とよばれる。日本海側の冬季季節風の強い地帯の村落には防雪のための屋敷林が設けられている所が多い。防雪林に利用される樹種は、トドマツ、ドイツトウヒ、カラマツ、スギ、アカマツが多い。防雪林は普通、吹雪防止林を意味するが、雪崩(なだれ)の発生を積極的に予防するとともに、災害を防止するための森林を含めることもある。[笠原義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防雪林の関連情報