コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ ドゥッチョディブオニンセーニャ

百科事典マイペディアの解説

ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ

イタリアのシエナ派の画家。おもにシエナで活動。ビザンティン的要素が多分に残る作風であるが,同時に人間的な情感のあふれる繊細で優雅な表現を確立し,1300年代のイタリア絵画に新方向を示した。代表作はシエナ大聖堂のために描いた祭壇画《マエスタ(荘厳の聖母)》(1308年―1311年,シエナ大聖堂付属美術館蔵)などがある。
→関連項目マルティーニロレンツェッティ[兄弟]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャの関連キーワードロレンツェッティ[兄弟]ロレンツェッティ兄弟ロレンツェッティ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android