コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクトリネール Doctrinaires

世界大百科事典 第2版の解説

ドクトリネール【Doctrinaires】

フランスの王政復古から七月革命にかけて活躍した穏健な立憲王党派の指導者らに与えられた呼称。純理派などと訳す。呼称の由来はさだかでないが,一説にこの小党派の指導的理論家ロアイエ・コラールの巧みな弁舌を揶揄(やゆ)してある時論家がドクトリネール(〈空論家〉の意)と呼んだことに由来するという。ドクトリネールは学者,法曹,官僚や軍人らで構成され,その代表の双璧がロアイエ・コラールとギゾーであった。彼らは,王政復古時代に議会を牛耳る過激王党派の反動攻撃や共和派などの運動に対抗して議会内外で〈憲章〉擁護の論陣を張った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドクトリネール

純理派」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドクトリネール
どくとりねーる
Doctrinairesフランス語

フランス復古王政期の政治グループ。純理派、正理論派などと訳す。右翼の過激王党派に対抗して生まれた立憲王党派のなかにあって、中道政治の哲学を打ち立てようとした理論家たちをさす。その中心はロアイエ・コラールで、ほかにギゾー、ブロイ公Achille Charles Lonce Victor, duc de Broglie(1785―1870)、シャルル・ド・レミュザCharles Franois Marie, comte de Rmusat(1797―1875)らが有名。王権神授説にたつ専制君主制とルソー的デモクラシーとをともに退け、制限選挙制に基づく穏和な立憲王制を説いたが、国王に政治に対する積極的役割を認める点で、イギリス風の議会制王制を目ざすコンスタンらの自由派と区別される。少数派ながら影響力は大きく、自由主義ブルジョアに有利な1817年の選挙法、また検閲の廃止を定めた19年の新聞法の制定を主導し、20年代には立憲憲章擁護の立場から過激王党政府の反動政策を批判した。7月王政期には、この派の立場が保守派たる抵抗派に受け継がれることになる。[服部春彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドクトリネールの言及

【ギゾー】より

…復古王政治下,内相秘書官をはじめ,国務院調査官や県・地方行政局長の要職を歴任する一方,〈憲章〉理念実現のためロアイエ・コラールらとともに自由主義の立場から立憲君主政擁護の論陣を張る。その政治思想集団は〈ドクトリネール〉と呼ばれた。彼の講義はシャルル10世の反動政治のため一時禁止されたが,28年再開され反政府派学生・知識人らの好評を博した。…

※「ドクトリネール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android