コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクトル・マブゼ

デジタル大辞泉プラスの解説

ドクトル・マブゼ

1922年製作のドイツ映画。原題《Dr. Mabuse, der Spieler: Ein Bild der Zeit》。フリッツ・ラング監督による犯罪映画の古典。出演:ルドルフ・クライン・ロッゲ、アウド・エゲーデ=ニッセン、ゲルトルート・ベルカーほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドクトル・マブゼ
どくとるまぶぜ
Dr. Mabuse, der Spieler

ドイツ映画。1922年製作。雑誌連載の同名小説を原作としたフリッツ・ラング監督作で、「大賭博師―時代の肖像」Der groe Spieler-Ein Bild der Zeitと「地獄、現代人のゲーム」Inferno, ein Spiel von Menschen unserer Zeitの2部からなる。
 大都市に起こるさまざまな犯罪。一見脈絡のない事件の背後には、変装の達人にして催眠術を操り、犯罪組織を率いるマブゼ博士(ルドルフ・クライン・ロッゲRudolf Klein Rogge、1885―1955)がいた。その最大の犯罪は贋金(にせがね)造りだった。闇カジノで手掛りをつかんだウェンク検事は、一連の事件とマブゼとの関係を暴く。死闘の末にマブゼを地下の贋金工場に追いつめるが、逮捕されたマブゼは正気を失い、呆然として贋金を数えていた。
 デフォルメされたセットや様式的な演技に特徴のある「表現主義映画」の一つにあげられるが、犯罪者と官憲の闘いを数々のエピソードで展開する連続活劇的な構成のなかに、第一次世界大戦後の混乱したドイツの世相を映し出した本作には、リアリズム的志向も認められ、特異な時代の諸相を超人的犯罪者に象徴して描き出した作品となっている。[濱田尚孝]
『ジークフリート・クラカウアー著、平井正訳『カリガリからヒットラーまで』増補改訂版(1980・せりか書房) ▽クルト・リース著、平井正他訳『ドイツ映画の偉大な時代――ただひとたびの』(1981・フィルムアート社) ▽クラウス・クライマイアー著、平田達治他訳『ウーファ物語――ある映画コンツェルンの歴史』(2005・鳥影社) ▽hrsg. von Gnter Dahlke und Gnter KarlDeutsche Spielfilme von den Anfngen bis 1933(1993, Henschel Verlag, Berlin)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドクトル・マブゼの関連キーワードラング(Fritz Lang)エリック ポマーマブゼ博士ポマー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android