コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドニエストル川 ドニエストルがわ

2件 の用語解説(ドニエストル川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドニエストル川
ドニエストルがわ

ドネストル川」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドニエストル川
どにえすとるがわ
Днестр Dnestr

ウクライナとモルドバ共和国を南流して黒海に注ぐ川。流長1352キロメートル流域面積7万2000平方キロメートル。ウクライナポーランドの国境付近のカルパティア山脈北側斜面に源を発し、上流部は峡谷で急流をなすが、ガリチから下流では流れも緩く、下流域にはデルタや潟湖(せきこ)を形成している。暖冬には結氷しない。流域はウクライナ穀倉地帯の一部で、小麦、トウモロコシ、ヒマワリ、テンサイ、タバコ、ブドウなどが生産される。1954年にドゥボサールイにダムが建設された。沿岸にモギリョフ・ポドリスキー、ソロキ、ティラスポリなどの河港都市がある。[須長博明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドニエストル川の関連情報