コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライブイン drive-in

翻訳|drive-in

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドライブイン
drive-in

都市部からはずれた地域幹線道路に面して立地している休憩所。飲食店やみやげ物店などが併設されており,車で比較的長距離を移動している人々の休憩や食事などの場として機能している。昭和 40年代から道路網の整備にと自家用車の普及が進んだことを背景に,全国各地で開業が進んだ。道路に隣接して駐車場が設けられ,車の出入りが容易な構造となっている。大型観光バスを何台も収容することのできる大規模な施設も多い。近年では地域の物産展の開催や観光情報の提供などを積極的に行なっている施設もあり,幹線道路沿いの地域の情報発信基地ともなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ドライブ‐イン(drive-in)

自動車に乗ったまま買物・食事などができる施設。
自動車旅行者を対象として駐車場を広くとった道路沿いの商店食堂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドライブイン

自動車を乗り入れて座席についたままで各種のサービスを受けられる施設。食堂,商店,銀行,映画館ドライブイン・シアター)などがある。米国で発展したが,日本では道路沿いの飲食・土産物店や郊外レストランで広い駐車場を持つものをいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドライブイン【drive‐in】

自動車に乗ったまま利用できる各種のサービス施設。飲食施設をはじめ,ショッピングセンター,映画館(ドライブイン・シアター),銀行(ドライブイン・バンク)などがある。モータリゼーションが最も早く,しかも本格的に進行したアメリカにおいて,1920年代に登場した。drive‐inとは〈自動車で乗り込む〉という意味であり,最初に登場した飲食施設では,厳密には自動車に乗ったまま車内で食事のできる施設をいった。客は駐車場のそれぞれの駐車スペースに用意されたマイクロホンを通じて料理を注文し,従業員が調理場から車まで届けるというしくみで,マイクを使わずローラースケートをはいたウェートレスが注文に応じるものもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ドライブイン【drive-in】

自動車で乗り入れることができる劇場・銀行・食堂などの施設。主にアメリカで発達している。
道路沿いにあって大きな駐車場を備え、主に自動車に乗ってくる人たちを対象として営業する軽飲食・休憩用の店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ドライブインの関連キーワードサムナー レッドストーンショッピング・センターベバリー ガーランド沖縄海岸国定公園ドライブ・イン金谷(千葉県)ミニシアター白老(町)中村栄美子秋山菜津子鳴沢(村)瀬ノ本高原クロック三重交通コーマンラック亀石峠金蔵寺牛久沼塩尻峠

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドライブインの関連情報