コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロムシ

2件 の用語解説(ドロムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドロムシ

イワムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドロムシ
どろむし / 泥虫

昆虫綱甲虫目ドロムシ上科Dryopoideaに属する昆虫のうちドロムシ科Dryopidaeとヒメドロムシ科Elmidaeに属するものの総称。世界各地に分布し、一部を除き水生で、とくにヒメドロムシ類の種は流れの底にすむものが多いが、夜間活動し、灯火に飛んでくるものも少なくない。日本にはドロムシ科が1、2種、ヒメドロムシ科が45種前後産することが知られている。いずれも10ミリメートル以下の小さな甲虫で、長めの楕円(だえん)形から細長い形がほとんどであるが、卵円形のこともある。色は多くは暗色で、淡色紋をもつものもあり、ときに全体が明るい褐色の種もある。肢(あし)は細長いが、つめは大きく発達し、岩などに捕まるのに適している。触角は多くは糸状であるが、一部の種、とくにドロムシ科では太くて短く、棍棒(こんぼう)状をなす。
 この類は一般に体下面に微毛を密生し、ここに蓄えられた空気の薄い層は気門と連なっており、水中で呼吸できるので、水底にある石に付着したり、砂中に潜っていることができる。幼虫は細長くて水生である。
 近縁のチビドロムシ科Limnichidaeの種は卵形から楕円形の小さな甲虫で、水辺の砂地で発見され海浜にもいるが、オオメチビドロムシ属Cephalobyrrhusの種は舟形で、山林の伐採木に集まる。また、ヒラタドロムシ科Psephenidaeの種は主として卵形で平たく、水に近い葉上にみられ、灯火にくるものもあるが、幼虫は水生で、平たい小判形か卵円形、水底の石に付着して生活しており、英名でwater pennyとよばれる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドロムシの関連情報