コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンブロフスキ ドンブロフスキ Dąbrowski, Jan Henryk

2件 の用語解説(ドンブロフスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンブロフスキ
ドンブロフスキ
Dąbrowski, Jan Henryk

[生]1755.8.29. ピェシュホウェツ
[没]1818.6.6. ポズナン,ウィンノグラ
ポーランドの軍人,将軍。 1772~92年ザクセン軍に奉職後,94年 T.コシチューシコの蜂起に参加。 95年敗北と国家滅亡 (→ポーランド分割 ) 後,ミラノポーランド軍団を編制し,ナポレオン軍に仕官,ワルシャワ公国の建国やモスクワ遠征で活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドンブロフスキ
どんぶろふすき
Jarosaw Dbrowski
(1836―1871)

ポーランドの軍人、革命家。ペテルブルグ陸軍大学を卒業。1860年にガリバルディの指導するイタリア民族解放運動に参加したのち、62年にはワルシャワで革命左派を指導し、国民中央委員会を組織。ロシアの革命家たちと連絡をとり、ロシア帝国に対する独立蜂起(ほうき)を準備した。そのため同年8月に逮捕されたが、モスクワで脱走に成功し、のちフランスに亡命、同地で亡命左派のグループに参加した。71年のパリ・コミューンの蜂起では、武装勢力を指導し、ベルサイユの政府軍に対する先制攻撃を主張したが、受け入れられなかった。同年5月にコミューン軍の総司令官に任命されたが、政府軍のパリ総攻撃の際に重傷を負って死亡した。[安部一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドンブロフスキの関連キーワード御修法五種修法五種法師七壇の修法手法主砲千手法主峰接種法松本珠報

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone