コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーソン ドーソンDawson, Christopher Henry

7件 の用語解説(ドーソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーソン
ドーソン
Dawson, Christopher Henry

[生]1889.10.12. スキプトン
[没]1970.5.25. バドリーソルタートン
イギリス宗教哲学者,宗教史家,文明評論家。オックスフォード大学卒業後,1914年カトリックに改宗。宗教が社会と個人の精神的根底であるという思想から,社会学と宗教哲学の境界上の問題,特にヨーロッパ文明における宗教的なものの働きを研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ドーソン
ドーソン
D'Ohsson, Abraham Constantine Mouradgea

[生]1780. イスタンブール
[没]1855. ベルリン
スウェーデンの外交官,歴史家。アルメニア系。『チンギス・ハンからチムール・ベイすなわちタメルランにいたるモンゴル族の歴史』 Histoire des Mongols,depuis TchinguizKhan jusqu'à Timour Bey ou Tamerlan (通称『ドーソン蒙古史』,4巻,1834~35) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ドーソン
ドーソン
Dawson

カナダ,ユーコン准州の町。ユーコン川クロンダイク川の合流点のユーコン川沿いの細長い台地にある。北緯 64°という高緯度にあり,6月後半はほとんど終日明るい。1月の平均気温-29℃,7月平均気温 16℃で厳寒。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドーソン【Dawson】

カナダ,ユーコン・テリトリー西部のフロンティアの町。人口1900(1991)。クロンダイク川がユーコン川に合流するところにある。町名は,G.M.ドーソンというカナダの地質学者が1887年にユーコン川を探検したことによってつけられた。96年にクロンダイク地方で金鉱が発見されてゴールドラッシュが始まり,98年には人口2万5000人にも達したが,1905年にラッシュは終わり,以後人口も減少した。現在,金,銀,鉛などの鉱石の集散が行われる

ドーソン【Abraham Constantin Mouradgea D’Ohsson】

1779‐1851
アルメニア系のスウェーデン国外交官,歴史家。イスタンブール生れ。外交官としてパリ,ハーグ(1816‐35),ベルリン(35‐51)に駐在,ベルリンで死亡した。ペルシア,アラビアトルコシリアその他十数ヵ国語に通じ,これらの言語で書かれた根本史料を,精密な考証を加えて駆使し,平易で程度の高い通史である《モンゴル帝国史》(1834‐35)4巻を著した。【吉田 順一】

ドーソン【Christopher Henry Dawson】

1889‐1970
イギリスの歴史家。オックスフォード大学に学び,1914年,英国国教会よりカトリックに改宗。歴史哲学とは異なった歴史のなかの大きな潮流を取り扱う形而上史学metahistoryを提唱した。ヨーロッパを形成したのはカトリック教会であるとの確信から,中世から近代へかけての文化の根底がキリスト教的価値観に由来することを証明しようとした。主著《進歩と宗教》(1929),《ヨーロッパの形成》(1932)など。【高柳 俊一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドーソンの関連キーワード饗庭篁村広島(市)森有礼メネリク[2世]ストレンジ二葉亭四迷ペルス=ライケンマクブライドメタテクシス斑晶

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーソンの関連情報