ドーソン(英語表記)Dawson, Christopher Henry

  • Abraham Constantin Mouradgea D’Ohsson
  • Christopher Henry Dawson
  • D'Ohsson, Abraham Constantine Mouradgea
  • Dawson
  • Do Son

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1889.10.12. スキプトン
[没]1970.5.25. バドリーソルタートン
イギリスの宗教哲学者,宗教史家,文明評論家。オックスフォード大学卒業後,1914年カトリックに改宗。宗教が社会と個人の精神的根底であるという思想から,社会学と宗教哲学の境界上の問題,特にヨーロッパ文明における宗教的なものの働きを研究。また進歩の観念による宗教の世俗化がヨーロッパの没落の原因であるとして近代批判を展開。主著進歩宗教』 Progress and Religion (1929) ,『ヨーロッパの形成』 The Making of Europe (32) ,『宗教と近代国家』 Religion and the Modern State (35) など。
[生]1780. イスタンブール
[没]1855. ベルリン
スウェーデンの外交官,歴史家。アルメニア系。『チンギス・ハンからチムール・ベイすなわちタメルランにいたるモンゴル族の歴史』 Histoire des Mongols,depuis TchinguizKhan jusqu'à Timour Bey ou Tamerlan (通称『ドーソン蒙古史』,4巻,1834~35) を著わした。アラビア語,ペルシア語,トルコ語,シリア語など十数ヵ国語の根本史料二十数種を駆使し考証精密で,出典を明示し,現在も利用されている。また『10世紀におけるカフカス,黒海,カスピ海北方の諸民族,あるいはアブル・カシムの旅行記』 Des peuples du Caucasse et des pays au nord de la Mer Noire et de la Mer Caspienne,dans le Xe siècle,ou Voyage d'Abouel-Cassim (28) も著名
カナダ,ユーコン准州の町。ユーコン川クロンダイク川の合流点のユーコン川沿いの細長い台地にある。北緯 64°という高緯度にあり,6月後半はほとんど終日明るい。1月の平均気温-29℃,7月平均気温 16℃で厳寒。 19世紀後半のゴールドラッシュ最盛期には人口3万を数えたが,1921年以降は 1000人以下となった。 1898~1953年ユーコン准州の州都であったが,以後南部のホワイトホースに移った。金採掘は 66年に終了。カナダ騎馬警察隊の分遣隊がおかれる。人口 972 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カナダ,ユーコン・テリトリー西部のフロンティアの町。人口1900(1991)。クロンダイク川がユーコン川に合流するところにある。町名は,G.M.ドーソンというカナダの地質学者が1887年にユーコン川を探検したことによってつけられた。96年にクロンダイク地方金鉱が発見されてゴールドラッシュが始まり,98年には人口2万5000人にも達したが,1905年にラッシュは終わり,以後人口も減少した。現在,金,銀,鉛などの鉱石集散が行われる。
1779‐1851
アルメニア系のスウェーデン国外交官,歴史家。イスタンブール生れ。外交官としてパリ,ハーグ(1816‐35),ベルリン(35‐51)に駐在,ベルリンで死亡した。ペルシア,アラビア,トルコ,シリアその他十数ヵ国語に通じ,これらの言語で書かれた根本史料を,精密な考証を加えて駆使し,平易で程度の高い通史である《モンゴル帝国史》(1834‐35)4巻を著した。【吉田 順一】
1889‐1970
イギリスの歴史家。オックスフォード大学に学び,1914年,英国国教会よりカトリックに改宗。歴史哲学とは異なった歴史のなかの大きな潮流を取り扱う形而上史学metahistoryを提唱した。ヨーロッパを形成したのはカトリック教会であるとの確信から,中世から近代へかけての文化の根底がキリスト教的価値観に由来することを証明しようとした。主著《進歩と宗教》(1929),《ヨーロッパの形成》(1932)など。【高柳 俊一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Christopher Henry Dawson クリストファー=ヘンリー━) イギリスの宗教哲学者、文化史家。カトリック精神に基づいた統一的な文化史学を提唱。著に「ヨーロッパの形成」など。(一八八九‐一九七〇
(Dawson) カナダ北西部、ユーコン川とその支流クロンダイク川との合流点にある町。一九世紀末以来、クロンダイク鉱山のゴールドラッシュで発展した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドーソンの関連情報