コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガサキアゲハ Papilio memnon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガサキアゲハ
Papilio memnon

鱗翅目アゲハチョウ科。前翅長 55~82mm。雄とも後翅に尾状突起を欠く。雄は黒色で後翅外半部に灰青色鱗を散在するが,春型では前翅基部に小型赤色紋が現れるものがある。雌の翅色は変化に富み,地色は褐色を帯びた黒色で,前翅の中室基部に赤色紋があり,後翅に白色紋と赤色紋があるが,後翅の白色紋の変化は著しい。幼虫はミカン類の葉を食べ,成虫は年2~4回出現する。本州 (紀伊半島と中国地方) 以南,アジア東南部に広く分布する。なお熱帯産の雌には有尾の型がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナガサキアゲハ

鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科の1種。開張120mm内外,黒色で,雄は後翅に青色鱗があり,雌は白紋と赤紋がある。地方的および個体変異が著しく,熱帯地方の雌には有尾のものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナガサキアゲハ【great Mormon】

鱗翅目アゲハチョウ科の昆虫。大型のチョウで,開張は11~12cmに及ぶ。雌雄で色彩斑紋が異なり,雄はクロアゲハに似た濃藍色の翅で尾はなく,表面にほとんど斑紋がないが,雌は前翅の地色がやや明るく,中室基部に赤紋があり,後翅には白から橙色に至る明色紋列が存在し,地方的変化に富む。雌は国外では後翅に尾状突起のあるものがふつうで,まれに九州などでも有尾の雌が見られることがある。インドから東南アジアの熱帯に広く分布し,日本が分布の北限

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガサキアゲハ
ながさきあげは / 長崎揚羽
great mormon
[学]Papilio memnon

昆虫綱鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科に属するチョウ。日本では九州全域および四国南半の平地から低山域に普通、それ以南の南西諸島に広く分布するが、八重山(やえやま)諸島では希種となる。中国地方の山口県下に発生するようになったのは1930年代で、以後、中国地方を東進し、現在は京都府下にまで分布を広げている。和歌山県下ではすでに定着したものと認められるが、これは四国東部地域由来のものと推定される。奈良、大阪、三重の諸県下で近年発見される散発的な個体は、和歌山県下からの拡散であろう。日本以外ではネパール、ミャンマー(ビルマ)、タイからマレー半島、スマトラ島、ボルネオ島、ジャワ島にわたり東洋熱帯にその分布は広い。はねの開張は110~125ミリメートル程度。雄は翅表が黒色で無尾。雌は翅表が黒褐色で後翅に白斑(はくはん)があり、通常は無尾、まれに有尾型がある。無尾であること、雌雄ともに前後翅裏面基部に日本産のほかの黒色のアゲハ類にない橙赤斑(とうせきはん)の出るのが著しい特徴である。九州北部あたりでは年3回の発生、第1化は5月から、第2化は6月下旬~7月上旬から、第三化は8月中・下旬から出現する。南西諸島ではさらに発生回数を増す。ほかの黒色のアゲハ類に比べて飛び方は緩やかである。幼虫の食草は各種のミカン類、カラタチなどのミカン科植物である。同じミカン科でもサンショウ類、キハダ類、コクサギなどは食草とはならない。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナガサキアゲハの関連情報