コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナクサライト

3件 の用語解説(ナクサライトの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナクサライト

インドにおける武力革命闘争主義を唱える個人・集団の総称。1960年代後半,西ベンガル州のナクサルバーリー地方で起きた地主対土地無し農民間の闘争から派生。この闘争を契機にインド共産党マルクス主義派(CPIM)が誕生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナクサライト【Naxalite】

インドの武装革命至上主義者の称。1967年3月西ベンガルのナクサルバーリーで土地なき農業労働者たちによる地主の土地占拠闘争が展開され,5月に警官隊と衝突したあと武装闘争を開始した。彼らは当時成立した西ベンガルの左翼統一戦線の路線を拒否し,左派共産党除名の活動家によって指導されていた。同じころアーンドラ・プラデーシュ州の少数部族の農民たちも武装闘争を展開し,これ以後武装革命を至上とする活動家は地名にちなんでナクサライトと称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナクサライト
なくさらいと
Naxalite

1967~70年にインドの西ベンガル州とアンドラ・プラデシュ州を中心に展開された激しい反地主闘争。この闘争の口火を切ったのは西ベンガル州北部のナクサルバーリー地方の貧・雇農であって、この地名に由来して、彼らはナクサライトと総称されるに至った。69年にはこれらを主にして「インド共産党マルクスレーニン主義者」が発足した。当時の中華人民共和国政府の支援のもとで進められたナクサライト運動は、インド全体の革命運動から孤立し、インド政府の弾圧も加えられ、インド政治の地図上からは消滅してしまった。[中村平治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナクサライトの関連キーワード芸術至上主義ブランキ唯美主義虚無党主義者恋愛至上主義歌行灯英国武装革命ヒンドゥー至上主義インドの毛派

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone