コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナク NaK

大辞林 第三版の解説

ナク【Nak】

ナトリウム22パーセント、カリウム78パーセントから成る、常温で液体の合金。原子炉の冷却材に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ナクの関連キーワード日独伊三国同盟/日本国、独逸国及伊太利国間三国条約ミナクシスンダレーシュワラ寺院フェナク石(データノート)ディオゲネス[アポロニア]イベリア・カフカス語族キクラデス[諸島]チョンアク(正楽)ナクチュ(那曲)県キナクリドンレッドミナクシアマン寺院バハウッディン廟サモル(蛇没)湖ナクル湖国立公園カオリン(鉱物)ティアワナコ遺跡テワンテペク地峡イオニア学派ヌー(怒)江メトロドロスミナクシ寺院

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナクの関連情報