コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナトルプ Natorp, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナトルプ
Natorp, Paul

[生]1854.1.24. ジュッセルドルフ
[没]1924.8.17. マールブルク
ドイツの哲学者,社会教育学者。新カント派マールブルク学派の代表者の一人。 1885年マールブルク大学員外教授,92年同教授。観念論の創始者をプラトンとし,プラトン入門が哲学入門であるとして,カントの先験的観念論をその継承ととらえた。教育学的にはペスタロッチを重視し,個人教育と同時に集団生活における社会教育の重要性を説いた。また第1次世界大戦終了後,社会哲学としての社会的観念論を説いた。主著『社会教育学』 Sozialpädagogik (1899) ,『精密科学の論理的基礎』 Die logischen Grundlagen der exakten Wissenschaften (1910) ,『社会的観念論』 Sozial idealismus (20) 。蔵書は成城大学にナトルプ文庫として保存されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナトルプ(Paul Natorp)

[1854~1924]ドイツの哲学者・教育学者。コーエンとともにマールブルク学派の代表者。存在の認識を基礎づける一般論理学を展開。意志の陶冶を重視する社会的教育学を提唱した。著「精密科学の論理的基礎」「社会的教育学」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナトルプ

ドイツの哲学者,教育学者。新カント学派に属し,H.コーエンとともにマールブルク学派の代表者。文化的形成物全体を,対象を産出する意識働きによって理解し基礎づけようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナトルプ【Paul Gerhard Natorp】

1854‐1924
ドイツの哲学者,教育学者。新カント学派の一つであるマールブルク学派に属する。彼は,思惟がその対象を生産すると考えたH.コーエンの影響を受け,固有の法則に従って自己のさまざまな対象を生み出していく働きとして意識をとらえ,学問,道徳,芸術,宗教などの文化全体を,意識のこうした働きによって内面的統一的に理解し基礎づけようとした。これはカントの観念論の徹底であるが,彼のこうした努力は,意識そのものを,それが生み出したものを手掛りとしながら究明しようとする独特の〈一般心理学〉の研究へ進んでいった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ナトルプ【Paul Natorp】

1854~1924) ドイツの哲学者。コーエンとともにマールブルク学派の代表的存在。数学・物理学の認識論的基礎付けの作業のほか、教育学において、意志陶冶を力説する社会的教育学を提唱した。著「精密科学の論理的基礎」「社会理想主義」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナトルプ
なとるぷ
Paul Natorp
(1854―1924)

ドイツの哲学者、教育学者。新カント学派のうちマールブルク学派の代表者の一人。デュッセルドルフに生まれ、のちマールブルク大学教授。ヘルマン・コーヘンの思想を継いで、精神科学との関連のなかで、批判主義の立場からその哲学を展開した。学問は事実ではなくて生成であり、したがって静的でなく発展するものである。換言すれば、学の中心をなす先天的範疇(はんちゅう)もまた生成・発展をしていくのであって、学はまさしくこうした範疇の体系にほかならない、とした。このような思想の形成は、カントのほかにフィヒテ、ヘーゲルなどからの影響によるところが大きい。ナトルプはまた、ヘルバルトが開拓した近代教育学に哲学的な基礎づけを与えたことでも知られている。
 著書に『社会教育学』(1898)、『精密科学の論理的基盤』(1910)、『批判的方法にもとづく心理学総論』(1912)などがある。[武村泰男]
『ナトルプ著、篠原陽二訳『社会理想主義』(1962・明治図書出版) ▽篠原陽二訳『社会的教育学』(1983・玉川大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナトルプの関連キーワードエルンスト カッシーラールドルフ シュタムラーシュタムラー批判的教育学カッシーラー大瀬甚太郎細谷 恒夫全人教育汎方法論物理学方法論勇敢

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android