コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベナ Dipsacus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナベナ
Dipsacus japonicus

マツムシソウ科の多年草。アジア東部の温帯に分布し,北海道を除く日本各地の山地の日当りのよいところに生える。茎は高さ1~2mにもなり,上部で分枝して,硬く小さいとげが多い。葉は対生し,羽状に5裂して柄に翼がある。秋頃,小枝の先に楕円棒状の頭状花をつける。個々の花は多数あって小さく,先が4裂した筒状で赤紫色をしている。痩果は長さ約 6mmぐらいで上半にわずかに毛があり,8本の稜がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナベナ【Dipsacus japonicus Miq.】

山地にはえるマツムシソウ科の大型越年草(イラスト)。茎は高さ1m以上となり,とげ状の硬い毛がある。葉は対生し,羽状に切れ込む。夏から秋にかけて茎の先に球形の頭状花序をつけ,直径1~2cm,基部に線形の苞がある。花序につく小苞は半円形で先は針状にとがる。各小苞の腋(わき)ごとに1個の小花がつく。花冠は筒状,先は4裂し,淡紫色。子房は下位で1室,1胚珠がある。本州,四国,九州,朝鮮,中国東北部に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナベナ
なべな / 鍋菜
[学]Dipsacus japonicus Miq.

マツムシソウ科の越年草。茎は高さ1~1.5メートル。葉は対生し、羽状に裂け、頂裂片がもっとも大きい。茎、葉ともに刺(とげ)状の堅い毛がある。8~10月、長い花柄の先に楕円(だえん)形の頭花をつける。花冠は紅紫色、筒形で先は四裂する。丘陵から山地の道端、野原に生え、本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、頭花の形から鍋(なべ)を連想したもの。
 ナベナ属は、頭花は球形または楕円形、総包片および花床の鱗片(りんぺん)は堅い。世界に約15種、日本に本種のみが野生し、栽培種にオニナベナがある。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナベナの関連キーワードラシャ掻草・ラシャ搔草ネンジュモ(念珠藻)オオアカウキクサアオコ(青粉)パプア諸言語オニナベナふせえり過栄養湖大河内浩チーゼル鬼山芹菜アオコ水の華

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android