コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナモーラ Namora, Fernando

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナモーラ
Namora, Fernando

[生]1919.4.15. コンデイシャ
[没]1989.1.31. リスボン
ポルトガルのネオリアリズムの作家。 1938年,コインブラ大学時代の生活と思想の遍歴を綴った自伝小説『アス・セッテ・パルティーダス・ド・ムンド』 As Sete Partidas do Mundoで文壇にデビュー。主著『暗夜の火』 Fogo na Noite Escura (1943) ,『偽装の男』O Homem Disforçado (57) ,『日曜の午後』 Domingo à Tarde (61) ,『ある医者の生活断片』 Retalhos da Vida de um Médico (2巻,49,63) ,『密航者』 Os Clandestinos (72) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナモーラ
なもーら
Fernando Namora
(1919―1989)

ポルトガルの作家。コインブラ大学の医学部を卒業。初期の小説『世界のあちこち』(1938)と『暗夜の光』(1943)のほかに、ベイラやアレンテージョ地方における医師としての体験に基づいたネオレアリズモ作品群がある。代表的作品は短編集『一医師の生活記録』第1部(1949)で、恵まれない階級のドラマが生き生きと描き出されている。その第2部(1963)では都会を舞台にした実存主義的物語が多い。その後、四月革命後の移民問題を扱った『悲しき河』(1982)を発表した。[濱口乃二雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナモーラの関連キーワードポルトガル文学4月15日

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android