コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コインブラ大学 コインブラだいがくUniversidade de Coimbra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コインブラ大学
コインブラだいがく
Universidade de Coimbra

ポルトガル最古の伝統をもつ国立大学。教皇ニコラウス4世の認可のもとに,1290年ディニス王がリスボンに創設。1537年コインブラに移転した。モンデゴ川北側の町全体を見渡す丘の上に位置し,文化的中心としてコインブラを繁栄に導いた。また 1911年のリスボン大学創設にいたるまで,ポルトガル唯一の大学として発展した。バロック様式の豪華な装飾のある図書館(1716~23)は書籍 100万冊,写本 3000を所蔵する。教育・科学省の所管のもとに運営され,人文学部,心理・教育学部,理工学部,医学部,薬学部,法学部,経済学部,体育学部があり,研究所などを併設する。丘の上はアルタ地区といわれ,下町のソフィア地区とともに,2013年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コインブラ大学【コインブラだいがく】

1290年に創設されたポルトガル最古の大学。リスボン大学とも通称される。14世紀にはリスボンとコインブラとの間で,頻繁に移動を繰り返したが,1537年に最終的にコインブラに移設され,1772年の改革を経てポルトガルの知的中心地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

コインブラだいがく【コインブラ大学】

ポルトガル中東部、古都コインブラ(Coimbra)の丘の上にある、ヨーロッパ最古の大学の一つ。コインブラは、首都リスボン、商都ポルト(Porto)に次ぐポルトガルの第3の都市で、この大学を中心に発展した学園都市である。リスボンからはバスで約2時間半、ポルトからは1時間半ほどの場所にある。ポルトガル王ディニス1世によって、イングランドのケンブリッジ大学創設と同じ年の1290年にリスボンに設立され、1308年にコインブラに移転した。大学の敷地内には、18世紀に建設されたジョアンニナ図書館があり、16~18世紀にかけて刊行された貴重な古書4万冊を含む20万冊の蔵書を所蔵する。観光客も入館可能である。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コインブラ大学
こいんぶらだいがく
Universidade de Coimbra

ヨーロッパでもっとも古く設立された大学の一つで、ポルトガル最古の伝統を誇る国立大学。1290年リスボンで教皇ニコラウス4世の認可のもとに、ディニス王により創設された。当初は宣教師養成を目的としたが、のち学芸、市民法、教会法、医学を教授するようになった。大学の自治権が認められていたが、学生の自治権乱用により1308年閉鎖された。その後、リスボンとコインブラの間を往復して設置・廃止を繰り返したあげく、1537年最終的にコインブラに定着し、1772年再編され、1911年リスボン大学創設に至るまでの400年間、ポルトガル唯一の大学として発展した。現在は、教育・大学省の所管のもとに運営され、人文学、理工学、医学、薬学、法学、経済学、心理・教育学、スポーツ科学・体育学の8学部と、言語学、数学、情報科学、神経科学・細胞生物学、金融財政学、海洋学、高エネルギー物理学などの研究所を付設している。2000年現在、教員数約1650人、学生数約2万1240人。[喜多村和之・杉谷祐美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコインブラ大学の言及

【コインブラ】より

…ポルトガル建国直後は王国の首都となり,1290年リスボンに創設された大学が数回の移転の後,1537年同市に設置されて以来,ポルトガルの文教・芸術の中心地となる。このコインブラ大学はヨーロッパ最古の大学の一つで,詩人カモンイスら多くの文人,学者が学んだ。旧市街には旧聖堂,大学の鐘塔,ジョアニーナ図書館等歴史的建造物が多く,中世の城郭都市の面影を色濃く残している。…

※「コインブラ大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コインブラ大学の関連キーワードボニファシオ(José Bonifácio de Andrada e Silva)ピント(Frei Heitor Pinto)コインブラ大学―アルタとソフィアアントニオ・アゴスティオ ネトアントニオ・エガス モーニスモウジニョ・ダ・シルベイラエウジェニオ・デ カストロフェルナンド ナモーラアントニオ サラザールエッサ・デ・ケイロースゲーラ・ジュンケイロエッサ・デ・ケイロスディニス(農夫王)サ・デ・ミランダサルディーニャT. ブラーガボニファシオアンシエタシルベイラクラビウス

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android