コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラボー平原 ナラボーへいげんNullarbor Plain

2件 の用語解説(ナラボー平原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナラボー平原
ナラボーへいげん
Nullarbor Plain

オーストラリア南部にある広大な平地。サウスオーストラリア州の中央部からグレートオーストラリア湾に沿って,ウェスタンオーストラリア州の南東部まで,東西約 800km,南北約 200~300km,面積約 20万km2にわたって広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナラボー平原
ならぼーへいげん
Nullarbor Plain

オーストラリア大陸南岸、グレート・オーストラリア湾に面した平坦(へいたん)な石灰岩台地。東西約700キロメートル、南北約400キロメートル、面積約26万平方キロメートル。平均高度は180メートルで、沿岸の東寄り部分は高さ40~90メートルの崖(がけ)となっている。地下水はあるが地表水はなく、植生は貧弱。世界最長の直線区間(530キロメートル)を含む鉄道および道路が横断している。1841年探検家エアEdward J. Eyre(1815―1901)が横断。名称は「木がない」という意味のラテン語に由来する。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone