ナルコビエ(鳴子稗)(読み)ナルコビエ(英語表記)Eriochloa villosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルコビエ(鳴子稗)
ナルコビエ
Eriochloa villosa

イネ科の一年草。別名スズメノアワ (雀の粟) 。日当りのよい原野や河原などに生え,多数叢生して大きな株となる。茎は細長く高さ 50cm内外。葉は線形で長さ 10~30cm,質は薄く柔らかい毛がある。8~10月頃,茎の上部に一方にかたよった数個の枝穂を総状につける。枝穂の軸上の一側に小穂が密に2列につく。小穂は卵形で扁平,短い柄があり,長さ 3mm前後。熟すると落ちやすくなる。名前は枝穂の上に並んだ小穂の形による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android