コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンキンムシ

百科事典マイペディアの解説

ナンキンムシ

トコジラミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンキンムシ

トコジラミ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンキンムシ
なんきんむし / 南京虫
bedbug

昆虫綱半翅(はんし)目トコジラミ科(ナンキンムシ科ともいう)Cimicidaeの総称、またはそのなかの一種をさす。この科の昆虫は世界で74種が知られ、鳥類や哺乳(ほにゅう)類に寄生して吸血する。ヒトに寄生する種類に、トコジラミCimex lectulariusとタイワントコジラミC. hemipterusがよく知られており、前者は通常ナンキンムシとよばれる。
 ナンキンムシは、世界共通種で体長約5ミリ、体幅約3ミリの扁平(へんぺい)で、楕円(だえん)形をしており、体色は赤褐色。前翅は板状で後翅を欠く。寿命は約1年。生涯に200~500卵を産む。孵化(ふか)した幼虫は親と似たような姿をし、親と同じように吸血する。卵から成虫になるまで1~4か月かかる。前基節(前脚の付け根)中央にまで達する長い口吻(こうふん)をもち、これをヒトの皮膚に刺し込んで吸血する。昼間は床板や壁のすきま、ベッドや家具の下などに一か所に集まって隠れ、夜間にすばやく吸血するので肌の露出部分が刺されやすい。刺された瞬間にはかゆみはないが、しばらくするとひどくかゆくなる。多くの場合刺し口が二つ並んで残るが、これは刺し替えるためらしく、刺し口が一つだけ残ることもある。ナンキンムシが日本に侵入したのは文久(ぶんきゅう)年間(1861~64)で、オランダから購入した船舶からみつかったといわれており、衛生上問題になり始めたのは明治時代に入ってからである。ナンキンムシの名は、中国の南京(ナンキン)に由来するというより、中国で昔から猛威を振るっていたことによるらしい。
 ナンキンムシを駆除するには、昼間の隠れ場所である畳の目、枕(まくら)、マットの縫い目、椅子(いす)のすきま、壁や柱などのすきまや割れ目に殺虫剤を散布するか、または室内を薫煙する。公衆衛生が発達している近年でも、都市部ではしばしば被害がみられる。[吉川 翠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナンキンムシの関連キーワードトコジラミ(床虱)ペスト(伝染病)虫刺症/痒疹ストロフルス外部寄生動物ナンキンムシコエンドロ床虱・床蝨饅頭こわいカニムシ衛生昆虫昆虫刺症吸血動物カメムシ虫刺され忌避剤半翅類寄生虫ダニ毒虫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナンキンムシの関連情報