コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンダ朝 ナンダちょう Nanda

3件 の用語解説(ナンダ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンダ朝
ナンダちょう
Nanda

インド古代,マガダ国の王朝 (前4世紀) 。シャイシュナーガ朝に続く王朝で,シュードラの血をひくといわれる。巨富と強大な軍隊で知られた。アレクサンドロス3世 (大王) インド侵入当時 (前 327~325) ガンジス川流域一帯を支配していたが,まもなくマウリヤ朝の創始者チャンドラグプタに滅ぼされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナンダちょう【ナンダ朝 Nanda】

古代インドの王朝。シャイシュナーガ朝のあとを受け,前4世紀にマガダ国を支配した。創始者はマハーパドマMahāpadma。ギリシアの古文献は,アレクサンドロスの西北インド侵入当時,ガンガー(ガンジス)川の流域に卑賤な生れのアグランメスAgrammes王の統治する強大な国があったことを伝えているが,これはナンダ朝支配下のマガダ国のことである。インド側の文献もナンダ朝をシュードラ血を引く王朝として伝えており,そのうちの一つプラーナ文献は,この王朝がすべてのクシャトリヤを根絶したと嘆いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンダ朝
なんだちょう
Nanda

古代インドの王朝。初代マハーパドマは、紀元前4世紀初めごろ、シシュナーガ朝にかわってマガダ国の王権を握り、「すべてのクシャトリヤを倒した者」と記されたように、マガダの統一国家建設の事業を推進して、北インドでもっとも強大な勢力となった。前327年アレクサンドロス大王がインドに侵入したとき、この王朝はガンジス流域に君臨して富強を誇り、その兵力は歩兵20万、騎兵20000、戦車2000、象3000であったと記されている。だが、この王朝は短命に終わり、前317年ごろマウリヤ朝チャンドラグプタによって滅ぼされた。[山崎利男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナンダ朝の言及

【カリンガ】より

…前1世紀にはカーラベーラ王Khāravelaが現れ,南方を征略したあと,ガンジス流域に進出して大勢力となった。王はジャイナ教を信奉して,ナンダ朝が持ち去った聖物を取り返したといい,また領内には貯水池をつくるなど公共事業をおこなった。その後この地方には小王朝がつぎつぎに盛衰し,ベンガルの王朝の侵入を受けたこともあったが,独自の文化を発達させ,ヒンドゥー教ばかりでなく,ジャイナ教も長く拠点をもった。…

※「ナンダ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナンダ朝の関連キーワードカーンバ朝シャイシュナーガ朝ナーガールジュナ目犍連帝須スンガアーンドラ王朝迦膩色迦スカイシャインナーガールジュナコンダマヘーンドラバルマン[1世]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone