ニェゴシュ(英語表記)Petrović Njegoš

  • 1813―1851
  • Petar Petrović Njegoš

世界大百科事典 第2版の解説

1813‐51
ユーゴスラビアの文学者。モンテネグロの生れ。1830年に叔父をついでモンテネグロの聖俗界の長であるブラディカ(主教)に就任(ペータル2世Petar IIとよばれる),三権分立の制度を導入するなど近代化に尽くす。若くして詩作を始めたが,2度のロシア旅行で見聞を広め,《小宇宙の光》(1845)に天国を追放された人間の悲しみを,最高傑作の叙事詩栄光の山並み》(1847)では民族解放と自由の尊さを雄渾無比にうたいあげた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルカン半島西部の山国、モンテネグロ(ツルナ・ゴーラ)の詩人、主教、国家元首。1830~51年国王ペタル2世として君臨し、トルコ、オーストリアの圧力に対抗した。ツェチニェに最初の学校と印刷所を創立し、元老院制、裁判所を設けるなど、国の近代化に努めた。詩業としては、神とサタンの闘争を主題に、理性と宇宙秩序の勝利の理念で貫いた宗教的寓意(ぐうい)叙事詩『小宇宙の光』(1845)、17世紀のモンテネグロの回教徒撲滅事件に材をとり、スラブ民族の解放と団結を訴えた劇詩『山の花冠』(1847)、モンテネグロ民族の栄誉と騎士道を歌う劇詩『偽皇帝、小人シチェパン』(1851)が主要作。

[栗原成郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android