コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニオベ ニオベ Niobē

翻訳|Niobē

6件 の用語解説(ニオベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニオベ
ニオベ
Niobē

ギリシア神話の女性。タンタロスの娘で,テーベの王アンフィオンと結婚し,7人の息子と7人の娘を産んだが,そのことを自慢し,アポロンアルテミスの2児しか産まなかったレトより自分のほうがまさるといったためにレトの怒りを買い,アポロンとアルテミスに子供をすべて射殺されてしまい,悲しみのあまり岩に変った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニオベ(Niobē)

ギリシャ神話に登場する女性。タンタロスの娘で、テーベ王アンフィオンの妻。女神レトに子供の数の多さを誇ったため、レトの子アポロンアルテミスにすべての子供を射殺され、悲しみのあまり石になったという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニオベ

ギリシア伝説のタンタロスの娘,テーバイ王アンフィオンの妻。7人の息子と7人の娘をレトに自慢したため,子どもたちはレトの子アポロンとアルテミスに殺された。嘆きのあまりニオベは石と化したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニオベ【Niobē】

ギリシア神話に登場する女性。リュディア(小アジア西部)のシピュロス山付近の王タンタロスの娘。テーバイ王アンフィオンAmphiōnの妻。夫との間に7男7女をもうけた彼女は,アポロンとアルテミスの2人しか子どものいない女神レトより自分のほうがまさっていると誇ったため,怒った女神はわが子に命じて,ニオベの息子はアポロンに,娘は女神アルテミスに射殺させた。一度にすべての子どもを失ったニオベは泣きつづけるうちに石と化し,それを風が彼女の故郷のシピュロス山上に運んだが,なおも涙を流しつづけたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ニオベ【Niobē】

ギリシャ神話で、タンタロスの娘。子供の多いことを誇ってレトの怒りを買い、レトの子アポロンとアルテミスに自分の子を殺され、泣き悲しんでついに石と化した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニオベ
におべ
Niobe

ギリシア神話のタンタロスの娘。竪琴(たてごと)の名手アンフィオンの妻で、2人の間には7男7女、あるいは10男10女、または六男六女が生まれたという。このようにニオベはとにかく子宝に恵まれていたので、ゼウスとの間にアポロンとアルテミスの一男一女しかいないレトよりも自分のほうが優れていると誇った。そこで怒ったレトはわが子に復讐(ふくしゅう)を求め、アポロンはニオベの男の子を、アルテミスは女の子をそれぞれ射殺した。一説には父親のアンフィオンもこのとき射殺されたと伝えられている。母親のニオベは嘆き悲しんで石に身を変じたが、その石はリディアのシピロス山上にあるという。あるいは、ニオベは父タンタロスの住むシピロス山へ逃れてそこで泣き続け、石と化したともいう。この山には後世までその石があったといわれ、パウサニアスなどは『ギリシア誌』に実際にこれを見たと記している。ニオベの伝説は、ホメロスを初見として文学の素材に繰り返し用いられ、また壺絵(つぼえ)や彫像などにも、アポロンとアルテミスに射られるニオベの子供が好んで描写されている。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニオベの言及

【アエドン】より

…ギリシア伝説で,テーバイ王ゼトスの妻。ゼトスとのあいだに一子イテュロスをもうけたが,夫の双生の兄弟アンフィオンの妻ニオベに多くの子どもがあるのを嫉妬し,イテュロスとともに養育されていたニオベの長男の殺害をくわだてた。しかし夜陰に乗じて子どもらの寝室にしのびこんだ彼女は,誤ってわが子を殺したため,悲嘆にくれているところをゼウスによってウグイス(ギリシア語でアエドン)に変えられた。…

【アルテミス】より

…もともとギリシア先住民族の豊穣(ほうじよう)の女神であったと考えられるアルテミスは,産褥(さんじよく)の守護神,人間と野獣に多産をもたらす女神としてもあがめられた。と同時に,女たちに遠矢を射かけて突然の死をもたらす女神でもあり,タンタロスの娘ニオベがレトには2人の子しかないとあざけったときには,アルテミスは母親の名誉のために,アポロンと協力してニオベの6男6女を射殺したという。彼女はまた〈青年の養育者〉として共通の職能をもつ女神ヘカテと,さらにはアポロンが太陽神と同一視されるようになったのにともない,月の女神セレネSelēnēと,しばしば混同ないし同一視された。…

【肩】より

…後に神々が肉片を集めてつなぎ生命を吹きこんだとき,左肩の部分が不足したため,代りに象牙をはめこんだ。姉ニオベが思い上がりのゆえに女神レトの怒りに触れて夫と子たちを失って自らも石に化した話を聞いたとき,人々はニオベを怒ったがペロプスだけはニオベのために泣いて上衣を脱ぎ,左肩の象牙をあらわにはだけた。ここで左肩をはだけるのは悲しみの姿態である。…

※「ニオベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニオベの関連キーワードエイレイテュイアグライアイディアナバッコスギリシャ神話ギリシア喜劇リュディア王国《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニオベの関連情報