コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニガウリ

百科事典マイペディアの解説

ニガウリ

ツルレイシ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

食の医学館の解説

ニガウリ

《栄養と働き》


 ウリ科の1年草で、熱帯アジア原産。沖縄の特産品として知られています。表面にゴツゴツとしたイボがあるのが特徴です。
 古くから薬用植物として中国やインド、アラビア地方では珍重されていたといいます。
 沖縄ではゴーヤと呼ばれて、夏の食卓に欠かせない食材の1つとなっています。
〈すぐれた血糖降下作用で、糖尿病予防にも効果的〉
○栄養成分としての働き
 ニガウリには独特のにがみがあります。このにがみ成分は、ククルビタシンなどのフラボノイド系の成分で、活性酸素の生成を抑制する抗酸化物質です。また、毛細血管を丈夫にして血液循環をよくするので、動脈硬化予防に役立ちます。ストレス解消やストレス性の胃潰瘍(いかいよう)、十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)の予防にも効果が期待できます。
 ビタミンCも、キャベツの2倍近く多く、疲労回復や夏バテにも有効です。
 そして最近になって注目されているのは、糖尿病への効用です。
 ニガウリの種子にはインスリンと同様の働きをするインスリン様物質が含まれていることが認められています。
 こんな実験が行われています。血糖値を高くしたネズミにニガウリのエキスを投与したところ、血糖降下作用が確認されたというのです。

《調理のポイント》


 洗って塩をふって板ずりし、薄切りにして使います。
 食べ方としては、外側を軽くあぶって、かつおぶしとしょうゆをかけると、酒のつまみにピッタリです。
 沖縄では豚肉、とうふといっしょに炒(いた)めた「ゴーヤチャンプル」が代表的な料理です。
 これは非常に理想的なメニューです。ニガウリのもつビタミンC、カロテンやカリウム、食物繊維といった栄養成分に、良質な動物性たんぱくが含まれている豚肉、良質な植物性たんぱくであるとうふが加わり、さらに油で炒めることでビタミンEもプラスされ、栄養を効率よくとることができるからです。

出典 小学館食の医学館について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニガウリ

ツルレイシ(蔓茘枝)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニガウリ
にがうり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニガウリの言及

【ツルレイシ】より

…ウリ科の一年草で果皮が苦いためニガウリ(苦瓜)とも呼ばれる。インド原産で熱帯アジア,中国,日本で栽培される。…

※「ニガウリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニガウリの関連キーワード外耳炎・中耳炎・内耳炎さつま大長レイシミヤマニガウリアバシゴーヤー和食の最新動向緑のカーテン沖縄県糸満市ちゃんぷるーちゃんぷるうビタミンEウリミバエビタミンC百成レイシ沖縄料理白レイシおらんだ宮古島野菜類

ニガウリの関連情報