ニコラウス1世(読み)ニコラウスいっせい(英語表記)Nicolaus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラウス1世
ニコラウスいっせい
Nicolaus I

[生]800頃.ローマ
[没]867.11.13.
教皇(在位 858~867),聖人。大教皇の名をもつ。コンスタンチノープル総大司教位をめぐる争いでイグナチウスを支持,863年フォチオスを破門,フォチオスも 867年にニコラウスを破門し,東西教会分裂への一歩を踏み出した。ロレーヌ王ロタール(→ロタール2世)の離婚を認めず,教会の婚姻承認権を強く主張。司教に対し大司教の意向にかかわらずローマに直接訴える権利を認めた。ブルガリア布教を促進。おそらく初めて偽イシドルス法令集を取り上げ,ペテロに由来する教皇権の高揚に努めた。祝日 11月13日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android