コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニスタット条約 ニスタットじょうやく

2件 の用語解説(ニスタット条約の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニスタット条約【ニスタットじょうやく】

1721年ニスタットNystad(ニュースタードとも。現フィンランドのウーシカンプンキ)で結ばれた北方戦争講和条約。ロシアバルト海に領土を拡張し,その覇権を握ったのに反し,スウェーデンは賠償金と引替えにフィンランドを回復したにとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニスタット条約
にすたっとじょうやく

北方戦争を終結させるため、1721年8月フィンランドのニスタットNystad(現ウーシカウプンキUusikaupunki)においてロシア・スウェーデン間に締結された条約。これ以前すでにスウェーデンは、ハノーバー(1719)、プロイセンデンマーク(1720)と講和し、ブレーメン、フェルデン、ポンメルンの一部を割譲していた。この条約により、ロシアは占領中のフィンランドの大部分をスウェーデンに返すが、カレリアの東部、イングリアエストニアリボニアを併合することになった。一方、スウェーデンは、エストニア、リボニアから無関税で大量の穀物を輸入する権利を保障された。軍事情勢が絶望的であったスウェーデンにとって著しく不利な条件ではなかったが、この条約により、バルト海の覇権はスウェーデンからロシアの手に移った。[本間晴樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニスタット条約の関連キーワードシデロスタットニュースキャスターヘリオスタットスポットニュースニュースタイルホットニュースレオスタットスタットコールニューヨークカットスタッカート貫入

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone