コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リボニア Livonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リボニア
Livonia

ドビナ川流域以北,リガ湾にのぞむラトビア共和国全土とペイプス湖以南のエストニア共和国南部にわたって用いられた歴史上の地方名。フィン=ウゴル系の先住民リーブ人 Livsに由来し,その後ラトビア人を主体にエストニア人の入植をみたが,12世紀以降はデンマーク人とドイツ人の植民が積極化し,13~16世紀にはリガを中心にドイツ騎士団が支配。リボニア戦争 (1558~83) の開戦直後に騎士団が解体されてポーランド領になったが,バルト海進出を意図するロシア争奪戦が続き,17世紀に入りクールラントの隣接部分を除きその大部分はポーランドからスウェーデン領となった。以後,ロシア,ポーランド,スウェーデンの3国間で争奪が繰返されたが,1721年のニスタットの和約以降はロシアに併合された。

リボニア
Livonia

アメリカ合衆国,ミシガン州南東部の都市。工業都市デトロイトの西郊にあり,1835年に発足して以来農村であったが,第2次世界大戦後工業が興り,住宅地としても急速に発展した。マドンナ女子大学,デトロイト競馬場がある。人口 10万 850 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リボニア【Livonia】

バルト海東岸地域の歴史的名称。広義にはほぼ現在のラトビア,エストニア両共和国の占める地方。狭義には西ドビナ(ダウガバ)川以北のラトビアにエストニア南部を加えた地方を指した。前3千年紀にフィン・ウゴル系,前2千年紀にバルト系の諸族が来住し,10世紀以降彼らのうち沿海部のものがバイキングの影響をうけ,内陸部のものが北西ロシアの諸公国の支配をうけたのち,13世紀にほぼ全土がドイツ人に征服された。ドイツ人はその後第1次世界大戦まで支配民族としてとどまり,ドイツ文化圏の東端をなした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリボニアの言及

【ラトビア】より


[自然]
 平たんな国土を氷河堆積物が厚くおおい,ところにより200m前後のモレーンの丘陵が続く。〈リボニアのスイス〉とよばれる東部丘陵地帯には大小の湖がある。中央ビゼム丘陵(最高点312m)と南東部のラトガレ丘陵の間の東ラトビア平地はじめ,各地に沼沢地が多く,干拓が進められている。…

【リトアニア】より

…この地方は,古代のローマ人に〈コハク海岸〉として知られたが,地中海文明は波及せず,キリスト教化もヨーロッパで最も遅れた。13世紀に北のリボニアと西のプロイセンがドイツ騎士修道会に征服されたが,早くに戦士群をもっていたリトアニア人は1236年の戦いでドイツ人の進出をくい止め,大公ミンダウガス(在位1236ころ‐63)がベラルーシの一部も含めて最初の統一を実現した。彼は一時キリスト教を受け入れたが,のち異教に復した。…

※「リボニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リボニアの関連キーワードリボニア(歴史的地域名)アウグスト[2世]キルクホルムの戦いプレッテンベルクダウガフピルスダウガウピルスカストゥティスイワン[4世]剣友騎士修道会ベンツピルス城ニスタット条約リボニア年代記アメリカ合衆国クルプスキートームペア城ツェーシス城クルディーガシリベストルベンツピルスミンダウガス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android