コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッパー ニッパーnipper

翻訳|nipper

5件 の用語解説(ニッパーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニッパー(nipper)

電線・針金などを切断するのに用いる工具。針金切り。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ニッパー

線材切断用のペンチ状の工具。刃が柄に直角のものと斜めのものがあり,被覆電線の皮むきにも使用。
→関連項目金工具ペンチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ニッパー

日本ビクター(現、JVCケンウッド)のキャラクター蓄音機から流れる飼い主の声に耳を傾ける犬の絵「His Master's Voice」(英国の画家、フランシス・バラウドの作)がモチーフ

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニッパー【cutting nippers】

線材の切断に使われる工具。おもに銅線を切るふつうのニッパーと鉄線も切れる強力ニッパーがある。ふつうのニッパーは刃部は斜め(斜め刃ニッパー)の鋭い刃になっているので,硬線を無理に切ろうとしてこじったりすると刃先が欠けることがある。ペンチも線材を切るのに用いられるが,ニッパーはペンチと違って針金を切った切口は平らになる。【笹谷 重康】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ニッパー【nipper】

主として銅線の切断、電線の被覆をむくのに用いる電気用工具。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニッパーの関連情報