コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッポニテス Nipponites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッポニテス
Nipponites

軟体動物門頭足綱菊石 (アンモナイト) 亜綱の異常巻きアンモナイトの一属。成長初期の2~3巻きは巻きのほどけた螺旋巻きであるが,その後それを取巻くいろいろな方向でUターンを繰返す。白亜紀後期のチューロニアン期からコニアシアン期に生存した。北海道で最初に発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ニッポニテス

白亜紀後期に生存したアンモナイトの一属。化石は樺太(サハリン)〜北海道から出土。平巻きの一般的なアンモナイトと異なり,一見オオヘビガイに似た複雑な巻き方で知られ,〈異常巻きアンモナイト〉の代表的なもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニッポニテス【Nipponites】

日本に産する白亜紀後期の著名な異常巻きアンモナイトの1属。最初の2~3巻きでは螺環(らかん)の巻きがほどけた立体らせん的に巻くが,その後中心部を取り巻き,いろいろな方向で立体的にUターンするという珍奇な巻き方を示す。最初に北海道天塩地方で発見され,当時東大大学院在学中の矢部長克が1904年に他のアンモナイトとともに記載した。N.mirabilisとして記載されたものは1標本に基づいていたので,外国では奇形でないかとも考えられたが,後に北海道,サハリン,カムチャツカから多数発見されて否定された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッポニテス
にっぽにてす
[学]Nipponites

軟体動物門頭足綱アンモノイド(アンモナイト)類の一属。1904年(明治37)矢部長克(やべひさかつ)により、北海道の上部白亜系から記載された。いわゆる異常巻きアンモナイト類に属し、分類学上アンキロセラス亜目のノストセラス科に含められる。現在まで4種が記載されているが、いずれもヘビがとぐろを巻いたような特異な形態の殻をもつ。
 当初、奇形と考えた学者もいたが、どの個体も殻が球面上で周期的にUターンを繰り返しながら成長することや、ほかの殻の形質は正常巻きの類と共通なので、奇形説は否定されている。コンピュータを駆使した理論形態学的研究から、ニッポニテスは水平面と殻の成長方向のなす角度を一定の範囲内で規則的に切り替えることによって、水中での生息姿勢を調節しながら特異な形態の殻を形づくったことがわかった。北海道、サハリン、カムチャツカ、北米太平洋岸、マダガスカルのやや沖合いの海に堆積(たいせき)した上部白亜系から産する。[棚部一成]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android