コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニルギリ丘陵 ニルギリきゅうりょうNilgiri Hills

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニルギリ丘陵
ニルギリきゅうりょう
Nilgiri Hills

インド南西部,ウェスタンガーツ山脈南部の山地。タミルナードゥ州西端部,ウェスタンガーツ山脈とイースタンガーツ山脈との接点に位置。平均標高約 2000mの高原状をなし,最高点はドダベッタ山 (2637m) 。高地は草原,中腹以下は森林でおおわれ,谷に沿って茶やコーヒーの農園が開ける。高度の関係で気温は年間を通じて温暖で,保養地として知られるウータカムンドなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニルギリ‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【ニルギリ丘陵】

Nilgiri Hills》⇒ニルギリ山地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニルギリ丘陵
にるぎりきゅうりょう
Nilgiri Hills

インド南部、タミル・ナド州南西部一帯を占める丘陵。西ガーツ山脈の南部にあって、東ガーツ山脈との結節点に位置する。2000メートル前後の標高をもつ突出した高原で、最高点はドダ・ベッタ山(2636メートル)である。北緯11度付近にあるにもかかわらず冷涼・湿潤で、茶、コーヒーなどとともにキャベツなどの高原野菜が栽培されている。オータカムンドは保養地として有名。トダ、コダなどの先住少数民族も居住する。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニルギリ丘陵の関連キーワードカルダモン丘陵クルンバ族イルラ族バダガ族ニルギリトダ族

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android