コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンバールカ Nimbārka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンバールカ
Nimbārka

13~14世紀頃のインドの哲学者。ベーダーンタ学派の立場に立って『ブラフマ・スートラ』に注釈"Vedānta-pārijāta-saurabha"を著わした。ブラフマンアートマンとは離不離 (両者は異なってはいるが,全然別のものでもない) の関係にあると説いたことから,彼の学説は不一不異 bhedābhedaといわれる (→不一不異説 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ニンバールカ

14世紀ころのインドの哲学者。生没年不詳。主著たる《ブラフマ・スートラ》注釈ほかで,クリシュナ=ラーダー崇拝を基礎づけるとともに,ブラフマン,アートマンの不一不異説を唱えて,ニンバールカ派を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニンバールカ【Nimbārka】

ヒンドゥー教ニンバールカ派の開祖。生没年不詳。14世紀ころの人と思われる。現在の南インド,アーンドラ・プラデーシュ州出身で,北インドのマトゥラー近傍のブリンダーバンを中心に活躍。主著は《ブラフマ・スートラBrahma‐sūtra》に対する注釈(《ベーダーンタパーリジャータサウラバVedāntapārijātasaurabha》)で,牧人クリシュナと愛人ラーダーの崇拝をベーダーンタ哲学によって基礎づけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニンバールカ
にんばーるか
Nimbrka

生没年不詳。14世紀、インドのベーダーンタ学派の哲学者で、ヒンドゥー教ビシュヌ派の一派ニンバールカ派の開祖。出身は南インドのテルグ地方であるが、北インドで活躍した。著作には、『ブラフマ・スートラ』の注釈、『ダシャ・シュローキー』などがある。ブラフマン(梵(ぼん))と個我・物質世界とは実在であり、両者は不一不異であると説いた。また、ブラフマンをクリシュナ神と同一視して、クリシュナとその愛人ラーダーへの信仰をベーダーンタ哲学で根拠づけ、神へのいわゆる恋愛的信愛による解脱(げだつ)を初めて説いた。[島 岩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニンバールカの関連キーワードバーガバタ派チャイタニヤインド哲学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android