コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーブール ニーブール Niebuhr, Barthold Georg

7件 の用語解説(ニーブールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニーブール
ニーブール
Niebuhr, Barthold Georg

[生]1776.8.27. コペンハーゲン
[没]1831.1.2. ボン
ドイツの歴史家。ホルシュタインの出身。父は旅行家 C.ニーブールキール大学で法学を修め,初めデンマークの財務官僚,1806年秋,K.シュタインの招きでプロシアの官界に入り,銀行行政の改革にあたったが,若い頃からいだいていた古典古代文化への情熱のため,C.ハルデンベルクから提供された蔵相のポストを断って新設のベルリン大学教授となり,ローマ史を講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ニーブール
ニーブール
Niebuhr, Carsten

[生]1733.3.17. ハノーバー
[没]1815.4.26. ホルシュタイン,メルドルフ
ドイツの旅行家。アラビアへの第1次科学的探検隊中唯一の生存者。測量術を学び,デンマークのフレデリク5世によるエジプト,アラビア,シリアの科学的探検隊に参加 (1760) 。インド滞在後,ペルシア,メソポタミアキプロス小アジアイスタンブールを経て,コペンハーゲンに戻った (68) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニーブール(Barthold Georg Niebuhr)

[1776~1831]ドイツの歴史家・政治家。プロイセン解放運動を擁護。史実に基づく批判的方法による近代史学を樹立。著「ローマ史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニーブール

ドイツの古代史家。ベルリン大学教授。ローマ史にみられる神話・伝承の批判により,近代の批判的歴史学の基礎を築いた。主著《ローマ史》

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニーブール【Barthold Georg Niebuhr】

1776‐1831
ドイツの歴史家,政治家。1800年からデンマークの公務,1806‐10年および13‐23年プロイセンの公務に服し,主として財政を担当し,また教皇庁駐在のプロイセン使節(1816‐23)であった。その間10‐12年,新設のベルリン大学でローマ史を講じ,23年からはボン大学で教えた。ニーブールの史学史上の意義は史料批判的方法の確立にあり,ランケに強い影響を与えた。主著は《ローマ史》3巻。【岸田 達也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ニーブール【Barthold Georg Niebuhr】

1776~1831) ドイツの歴史学者。古代史を研究。史料に関する批判的方法の確立に努め近代史学の祖といわれる。主著「ローマ史」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニーブール
にーぶーる
Barthold Georg Niebuhr
(1776―1831)

ドイツの古代史家、政治家。コペンハーゲンに生まれ、キール大学に学ぶ。初めデンマークの大蔵省に仕えたが、1806年シュタインの招きでプロイセン政府に移り、財政改革に指導的役割を果たした。1810年、改革の停滞に不満を抱いて辞任。新設のベルリン大学で古代史の講義を担当、名声を博す一方、『ローマ史』(2巻。第3巻は死後に公刊)を著した。対ナポレオン解放戦争中は、日刊新聞『プロイセン通信』を発行し、国民に政治、軍事情勢をできるだけ早く、かつ具体的に伝えようと努力した。またプロイセン政府の委託を受け、イギリス政府との通商条約交渉にあたり、1816~1823年にはプロイセンの使節としてバチカンに赴き、ケルン大司教区再建交渉を成立させた。1824年以降、ボン大学教授に就任、古代史の講義と研究を続けた。
 ニーブールは古代史家として、初めて正確な史実に基づく批判的な方法を樹立した。しかし彼の功績は、古い伝承や史料を批判的に扱うにとどまらず、自らの政治家としての体験を踏まえ、またドイツやイタリアの史実からの類推の方法も用いて、古代の事件や人物をあたかも現在のそれのように生き生きと描写したことにある。彼のローマ史の業績は、のちにモムゼンらによって追い越されたとはいえ、近代歴史学の建設者として、ランケやジーベルら後世の歴史家に与えた影響は大きい。[木谷 勤]
『G・P・グーチ著、林健太郎・林孝子訳『十九世紀の歴史と歴史家たち 上』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニーブールの関連キーワードコペンハーゲンコペンハーゲン学派コペンハーゲンブルーストロイエスロッツホルメンコンチェルト・コペンハーゲンコペンハーゲン 首相の決断コペンハーゲンカーニバルコペンハーゲン言語学集団コペンハーゲン大学天文台

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone