コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌカカ ヌカカ Ceratopogonidae; biting midge

3件 の用語解説(ヌカカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌカカ
ヌカカ
Ceratopogonidae; biting midge

双翅目ヌカカ科に属する昆虫の総称。体長1~3mmと蚊帳の目を通るほどの微細な双翅類で,和名は糠 (ぬか) のように小さなカという意。吸血するものがあり,ヌカブユなどと呼ぶ地方もある。翅は暗色で白斑のあるものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヌカカ

双翅(そうし)目(ハエ目)ヌカカ科に属する昆虫。体長1~3ミリと小さい。一部の種類で雌の成虫が人や家畜をかみ、血を吸う。弓ケ浜半島に生息しているのは主にトクナガクロヌカカ。卵や幼虫、さなぎは砂地で暮らし、5月下旬から夏にかけて羽化する。「こばい」「せせり」「させ」などの呼び方があり、1960年代後半以降は「干拓虫」とも呼ばれる。 市が弓浜の9地区を中心に実施し、1月に公表したアンケート(回答395世帯)によると、近年刺された経験があると答えた割合は62%。かぶれや痛みを訴える人もいて、医療機関を受診した割合は22%だった。治るまで2週間以上かかった人もいた。

(2015-06-18 朝日新聞 朝刊 鳥取全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌカカ
ぬかか / 糠蚊
biting midges

昆虫綱双翅(そうし)目糸角亜目ヌカカ科Ceratopogonidaeの昆虫の総称、またはそのなかの1種。この科の種は体長1.3~2ミリメートルの微小昆虫で、微細なカの意味でヌカカとよばれ、地方によりヌカブユともいう。ユスリカの成虫に似るが、発達した刺咬(しこう)吸血性口器をもち、はねの中脈が普通枝分れし、触角は第1節が丸くて大きく、14節からなり、はねに斑紋(はんもん)をもつものが多いのが特徴。薄明薄暮、日中、夜間活動性のものなどさまざまな生活史をもつ。ヌカカ属Culicoidesのうち人畜より吸血するヌカカCulicoides obsoletusや沿岸性のイソヌカカC. circumscriptusなどが衛生害虫として重要であり、大発生する地方ではその被害は大きい。被害は昼間野外で多く刺咬され、微小で刺咬時の痛みが少ないので気づかないが、後遺症が悪化することが多い。忌避剤を体に塗ると防げる。ニワトリヌカカC. arakawaeはニワトリのロイコチトゾーン症を媒介する。ほかに海岸で人から吸血するトクナガクロヌカカLeptoconops nipponensis、トンボに外部寄生し体液を吸うトンボダニカForcipomyia tokunagai、吸蜜(きゅうみつ)性、捕食性のものなど世界で約4000種以上知られている。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌカカの関連キーワードウンカコバチ糠蚊アブ(虻)ハエ(蠅)コウモリバエコマユバチ(小繭蜂)チョウバエ(蝶蠅)ヌカカ(糠蚊)ムギハモグリバエ(麦潜葉蠅)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌカカの関連情報