コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌカボタデ(糠穂蓼) ヌカボタデPersicaria taquetii(Polygonum taquetii)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌカボタデ(糠穂蓼)
ヌカボタデ
Persicaria taquetii(Polygonum taquetii)

タデ科の一年草で,コヌカボタデともいう。北海道を除く日本,および朝鮮半島に分布し,湿地や田の中などに生える。植物体は細く軟弱で多数分枝し,茎の下部は地上をはって節から根を生じ,上部は直立する。茎全体に疎毛をもつ。秋に花が咲き,やせた長い穂の上にまばらピンクの小花をつける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone