コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌー ヌー Nu

翻訳|Nu

7件 の用語解説(ヌーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌー
ヌー
Nu

古代エジプトの神。混沌を意味する原初の大洋で,創造に先立ち,すべてのものの根源を胚胎していた。太陽神レーはヌーから生れた。いくつかの文書は彼を「神々の父」と呼んでいるが,彼の行なった創造は知的なものにとどまった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヌー
ヌー
Connochaetes; gnu

偶蹄目ウシ科ヌー属のアンテロープの総称で,オグロヌー C. taurinusとオジロヌー C. gnouの2種から成る。オグロヌーは,体長 2m,体高 1.3m内外。体は灰色,顔面は黒色で,鼻孔が幅広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヌー(gnu)

ウシ科の哺乳類。大形のレイヨウで、体毛は灰色または黒褐色たてがみや尾は長く房状をなし、黒色。角は雌雄ともにあり、大きい。アフリカ東部および南部の草原に群れをつくって暮らす。オグロヌー。うしかもしか。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヌー

ワイルドビースト,ウィルドビースト,ツノウマとも。偶蹄(ぐうてい)目ウシ科ヌー属の哺乳(ほにゅう)類2種の総称。レイヨウの一種。雌雄とも角をもつ。オジロヌー(オジロウィルドビースト)は体長2.3m,尾60cm,肩高1.2mほど。
→関連項目レイヨウ(羚羊)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヌー【gnu】

東アフリカから南アフリカサバンナにすむ大型のアンテロープ。別名ウシカモシカ,ワイルドビースト,ウィルドビースト(英名wildebeest)(イラスト)。偶蹄目ウシ科の哺乳類。前半身と頭部ががっしりとしていて大きく,ウシを思わせるのに対して後半身が細くふつりあいに貧弱に見える特異な姿をしている。雌雄ともにウシに似た角をもち,四肢は細い。首から肩にかけて長い黒色のたてがみがある。体色は茶褐色。尾の毛は黒く長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヌー【gnu】

偶蹄目ウシ科の哺乳類。大型のレイヨウ。肩高約1.4メートル。体形や角の形が牛に似るが、頸部けいぶのたてがみや尾は馬に似る。あごひげがあり、全身灰色で肩は縞模様。尾は黒い。草食性で、草原に群棲ぐんせいする。アフリカ大陸南部・東部に分布。ウシカモシカ。ウィルドビースト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌー
ぬー
gnu
[学]Connochaetes taurinus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。アンテロープの1種で、ウシカモシカ、オグロヌー、ウィルドビーストともいう。アフリカ東部から南部に分布し、開けたサバンナに生息する。肩高1.3~1.4メートル、体重150~270キログラム。角は雌雄にあり、長さ65センチメートルほどである。体は灰色で、たてがみや尾は黒色。通常20~50頭ほどの群れをつくり、朝夕にイネ科の若葉や芽を好んで食べる。乾期には数万頭の大群をなし、1日に50キロメートル、目的地まで1600キロメートルを超す大移動を行う。移動の途中で雄をリーダーとする繁殖期の群れがつくられる。妊娠期間は8~9か月で、若草の多い雨期に普通1子が生まれる。寿命は約20年。アフリカ南部には近縁種のオジロヌーC. gnouが分布する。本種は肩高1.15メートル、体重130キログラムと小形で、胸に長毛があり、尾が長くて白い。かつては多数が生息したが、乱獲により絶滅寸前となった。しかし、現在では保護され、2000頭以上にまで回復している。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヌーの言及

【レイヨウ(羚羊)】より

…体は黄褐色,栗色,灰色などあり,白斑は左右の目の間にときどきみられる。すべてアフリカ産で,300~1000頭にもなる群れをつくるハーテビーストAlcelaphus buselaphus,独特の長い顔と短く太い角をもつコンジハーテビーストA.lichtensteini,アリ塚などに登って敵を見張る習性をもつトピDamaliscus lunatus,大群で季節的移動をするヌーConnochaetes taurinusなどの3属7種がある。(3)オリックス亜科Oryginae 大型で雌雄とも長い槍状,サーベル状,あるいは栓抜き状の角をもち,顔に腺はなく,尾は長く先に房毛がある。…

【レイヨウ(羚羊)】より

…体は黄褐色,栗色,灰色などあり,白斑は左右の目の間にときどきみられる。すべてアフリカ産で,300~1000頭にもなる群れをつくるハーテビーストAlcelaphus buselaphus,独特の長い顔と短く太い角をもつコンジハーテビーストA.lichtensteini,アリ塚などに登って敵を見張る習性をもつトピDamaliscus lunatus,大群で季節的移動をするヌーConnochaetes taurinusなどの3属7種がある。(3)オリックス亜科Oryginae 大型で雌雄とも長い槍状,サーベル状,あるいは栓抜き状の角をもち,顔に腺はなく,尾は長く先に房毛がある。…

※「ヌー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヌーの関連キーワードアジアアフリカ会議アフリカ菫アフリカ象アフリカ舞舞ホワイトアフリカ汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカデーアフリカの音サバンナヒヒ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌーの関連情報