コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネクラーソフ ネクラーソフ Nekrasov, Nikolai Alekseevich

8件 の用語解説(ネクラーソフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネクラーソフ
ネクラーソフ
Nekrasov, Nikolai Alekseevich

[生]1821.12.10. ポドリスク,ネミーロフ
[没]1878.1.8. ペテルブルグ
ロシアの詩人。貴族の家庭に生れ,少年期から農奴や引き船人夫の悲惨な生活に同情し,専制への限りない憎悪をいだいたが,これが後年の彼の詩のライトモチーフとなった。叙事詩『だれにロシアは住みよいか』 Komu na Rusi zhit' khorosho (1863~77執筆) はその代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ネクラーソフ
ネクラーソフ
Nekrasov, Viktor Platonovich

[生]1911.6.17. キエフ
[没]1987.9.3. バルドマルヌ
ロシア生れの作家。医者の家に生れ,1936年キエフ建設大学卒業。同時に演劇スタジオで学んだ。 41~44年工兵として第2次世界大戦に従軍。その体験に基づく第1作『スターリングラードの塹壕にて』V okopakh Stalingrada (1946) が 47年度スターリン賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)

[1821~1878]ロシアの詩人・ジャーナリスト農奴解放を呼びかける一方、進歩的雑誌「同時代人」「祖国雑記」を編集。長編叙事詩「ロシアはだれに住みよいか」「デカブリストの妻」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ネクラーソフ

ロシアの詩人。帝政を批判する急進的な立場から〈詩人たらずとも,市民たれ〉と説き,現実への積極的な関与を唱える。雑誌《現代人》《祖国雑記》の編集者としても活躍した。
→関連項目ベリンスキーボルガ[川]

ネクラーソフ

ロシア(ソ連)の作家。キエフ生れ。第2次大戦の従軍体験に基づいた処女長編《スターリングラードの塹壕にて》(1946年)で戦争文学に独自の境地を開き,以後《故郷の町にて》,評論《大洋の両岸にて》などでスターリン批判の先頭に立った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ネクラーソフ【Nikolai Alekseevich Nekrasov】

1821‐77
ロシアの詩人。ヤロスラブリ郊外の農奴50人ばかりの小地主の家に生まれ,土地の学校を卒業,1838年首都ペテルブルグに出る。士官学校に入れようとする父に背いて,ペテルブルグ大学を受験して失敗,家から仕送りを断たれ,貧乏暮しの中で40年詩集《夢と音》を出すが不評。当時ようやく商売になり始めた新聞・雑誌の仕事をして,ベリンスキーツルゲーネフパナーエフドストエフスキーらを知り,これら新人の作品を集めて45年《ペテルブルグ生理学》,46年《ペテルブルグ文集》を刊行して好評を得た。

ネクラーソフ【Viktor Platonovich Nekrasov】

1911‐87
ソ連邦出身の作家。キエフ出身。建築大学,演劇学校で学び,舞台装置家となった。第2次世界大戦に工兵将校として従軍,その体験をもとに,処女作《スターリングラードの塹壕にて》(1946)を発表,ヘミングウェーばりの作風で,戦争の裏方である工兵たちの哀歓を描き,雪どけ後の戦争文学を先取りした。第2作《故郷の町にて》(1954)では,復員兵の運命を軸に,戦時中の〈対独協力者〉の復権の問題を初めて提起,スターリン批判の線を明確にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ネクラーソフ【Nikolai Alekseevich Nekrasov】

1821~1877) ロシアの詩人。革命的民主主義者として、一貫して農奴解放のための闘いをうたう一方、雑誌の編集・経営にも手腕を発揮し、ドストエフスキーやトルストイを世に送り出した。長編叙事詩「ロシアはだれに住みよいか」「デカブリストの妻」(またの名、「ロシアの婦人」)など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネクラーソフの関連キーワードサイフェルトスラブ主義汎スラブ主義ヤロスラブリロストフイリヤプロローク聖堂スパソプレオブラジェンスキー修道院Ярославльチャイコフスキー:ドゥムカ ハ短調-ロシアの農村風景-/piano soloルスカヤ・プラウダ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネクラーソフの関連情報