コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネセバル ネセバル Nesebar/Несебър

1件 の用語解説(ネセバルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ネセバル(Nesebar/Несебър)

ブルガリア東部、黒海に面する町。古代トラキア人集落メネブリアに起源し、紀元前6世紀初頭に古代ギリシャ植民都市メセンブリアが建設され、アポロニア(現ソゾポル)とともに海上交易の拠点として栄えた。続いて古代ローマ帝国東ローマ帝国に支配され、第一次ブルガリア帝国時代に現名称に改称。第二次ブルガリア帝国時代に最盛期を迎えたが、十字軍に征服されて東ローマ帝国に復帰した。以降、オスマン帝国支配が続き、19世紀末よりブルガリア領。黒海に突き出た半島部に聖パントクラトール教会聖ステファン教会などの歴史的建造物が残る。3000年にわたる歴史を有する古都として知られ、1983年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone