コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール戦争 ねぱーるせんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネパール戦争
ネパールせんそう

グルカー戦争」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネパール戦争
ねぱーるせんそう

1814~16年、イギリス東インド会社とネパール(グルカGurkha)との戦争。グルカ戦争ともいう。ネパール軍はヒマラヤ南部丘陵のタライ地帯を勢力下に置き、南方に進出する形勢にあったが、1801年会社の領土が現在のウッタル・プラデシュ州ゴラクプルに及ぶと、両者の間に緊張関係が生じることになった。1814年ネパール側が会社領の警察署を襲撃したことから両者は交戦状態に入った。ネパール側は緒戦では優勢であったが、翌年アルモラ、マロン城塞(じょうさい)を奪われ、サガウリ条約が締結された。しかしネパール側が条約の批准を遅らせたため会社軍は攻撃を再開し、16年首都カトマンズが危機に瀕(ひん)してようやくネパールは敗北を認めた。その結果、タライ北西部のネパール領は会社に割譲され、ネパールの宮廷はイギリス人駐在官の統制下に置かれることとなった。この間グルカは清(しん)朝に軍事援助を要請したが、清朝にはこれに応じる能力がなかった。[高畠 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネパール戦争の言及

【グルカ戦争】より

…ネパールとイギリス東インド会社との間の戦争(1814‐16)。ネパール戦争ともいう。1768年のグルカGurkhā(ゴルカ)王朝の創設以後もネパールは軍事的拡大を続け,50年足らずの間に北はチベットに侵入,チベット,清と兵を交え,東はシッキムに力を伸ばし,西はカシミールと境を接し,南は北インド平原北部(タライ)に進出するにいたり,さらにイギリス植民地軍との対決を予期してインドの土着勢力や清との提携も試みていた。…

※「ネパール戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネパール戦争の関連キーワードヘースティングズ(Francis Rawdon 1st Marquis of Hastings)シャヒードミナールシェダワ高畠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android