コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール戦争 ねぱーるせんそう

2件 の用語解説(ネパール戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネパール戦争
ネパールせんそう

グルカー戦争」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネパール戦争
ねぱーるせんそう

1814~16年、イギリス東インド会社ネパールグルカGurkha)との戦争。グルカ戦争ともいう。ネパール軍はヒマラヤ南部丘陵のタライ地帯を勢力下に置き、南方に進出する形勢にあったが、1801年会社の領土が現在のウッタル・プラデシュゴラクプルに及ぶと、両者の間に緊張関係が生じることになった。1814年ネパール側が会社領の警察署を襲撃したことから両者は交戦状態に入った。ネパール側は緒戦では優勢であったが、翌年アルモラマロン城塞(じょうさい)を奪われ、サガウリ条約が締結された。しかしネパール側が条約の批准を遅らせたため会社軍は攻撃を再開し、16年首都カトマンズが危機に瀕(ひん)してようやくネパールは敗北を認めた。その結果、タライ北西部のネパール領は会社に割譲され、ネパールの宮廷はイギリス人駐在官の統制下に置かれることとなった。この間グルカは清(しん)朝に軍事援助を要請したが、清朝にはこれに応じる能力がなかった。[高畠 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネパール戦争の言及

【グルカ戦争】より

…ネパールとイギリス東インド会社との間の戦争(1814‐16)。ネパール戦争ともいう。1768年のグルカGurkhā(ゴルカ)王朝の創設以後もネパールは軍事的拡大を続け,50年足らずの間に北はチベットに侵入,チベット,清と兵を交え,東はシッキムに力を伸ばし,西はカシミールと境を接し,南は北インド平原北部(タライ)に進出するにいたり,さらにイギリス植民地軍との対決を予期してインドの土着勢力や清との提携も試みていた。…

※「ネパール戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone